ここから本文です

ミッキーアイル音無師「なんとかして古馬GIを」/スプリンターズS共同会見

netkeiba.com 9/28(水) 20:27配信

■ミッキーアイルを管理する音無秀孝調教師

――まず、前走の高松宮記念を振り返ってください。
音無「レース前にジョッキーから『ハナに行きます』と言われたので『好きに乗っていいよ』と言いました。ところが、ゲートが開いたら外に2頭速い馬がいて、結果的に行くのをやめざるをえなくなりました。それでもペースが速かったので折り合いはついていましたね。その2頭を見るかたちでレースを運びました。4コーナーでは手応えもあったので早めに抜け出そうとしたら、前にいる馬が外に行きましたよね。あれでだいぶ外にふられたような感じがあり、強いていえば不利がありました。その後、抜け出しましたが差されました。結果的にはあの不利が痛かったです」

――その後の調整過程を教えてください。
音無「放牧先は北海道のノーザンファーム空港です。かなりゆっくりしてリラックスできました」

――栗東に戻ってからの様子は?
音無「元々能力の高い馬ですからね、いつものように少しずつ上げていけばいいという感じでした」

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
音無「休み明けですし、マックス(での調整)でやりました。使っている馬は調整だけで済みますが、うちはそういうわけにはいきませんので。しっかりやりました。先週は後ろから追いかけて最後の1ハロンで負けたので、今日は後ろから行くのはやめようということで最初から並んでいきました。すると、横に馬がいるので掛かり気味で行ってしまい、その分テンが速いラップになってしまいました。それでも、ラストが13秒3でめちゃくちゃ速いですから、逆にいうとしっかりやれたな、と思います。(状態については)能力の高い馬なので信頼しています」

――休み明けという点についてはいかがですか?
音無「安田記念をパスしたので、ブランクはこれまでで一番長いですね。これは、高松宮記念の疲れが取れなかったので仕方がなかったのです。(スプリンターズSの前哨戦として)セントウルSがありましたが、そこを使うと暑い時期に入厩させなければならないし、中2週で次のレースが待っている。テンションが上がるのでやめた方がいいだろうということで、ぶっつけ本番になりました。ミッキーアイルにとっては、テンションが上がらずに本番を迎えられるので、いい方に出るのではないでしょうか」

――レースにむけてジョッキーへの指示はありますか?
音無「ジョッキーが考えているので、私がいろいろ言わない方が良いと思います。ポジションはゲートを出てから考えることですし、仮に番手からの競馬になっても大崩れはしない馬です」

――道悪はいかがでしょうか?
音無「どちらかというと掻き込んで走るタイプなので、少々馬場が悪くなっても問題ないと思います」

――最後にひとこと。
音無「春の雪辱もして欲しいですし、なんとかして古馬GIを獲らせたいです。応援よろしくお願いします」

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:9/28(水) 20:27

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。