ここから本文です

馬喰町バンド、5thアルバム『あみこねあほい』をリリース トレーラーを公開

CDジャーナル 9/28(水) 17:26配信

 民謡やわらべ歌といった日本のトラディショナルのみならず世界各国のフォークロアを貪欲に吸収し、独自の“ポップス”としてアウトプットした4thアルバム『遊びましょう』が話題となった東京のトリオ、馬喰町バンドが、約1年ぶりとなる5thアルバム『あみこねあほい』(DDCZ-2131 2,300円 + 税)を11月9日(水)にリリース。

 通算5作目となる今作は、“エレキ六線”と“新時代ラップ”を取り入れたこれまでの馬喰町バンドのイメージを覆す作品となっています。“エレキ六線”は、前作に登場した桶太皷のボディーにギターと三味線の間の音を奏でる自作楽器「六線」のエレキバージョンで、さらに自作楽器・担ぎ太皷「遊鼓(ゆうこ)」も前作以上に音を追求。アルバム発売に先駆けてYouTube(youtu.be/QmBwYHEK700)ではトレーラーを公開中です。

最終更新:9/28(水) 17:38

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]