ここから本文です

aiko、映画『聲の形』主題歌「恋をしたのは」のPVが解禁!

cinemacafe.net 9/28(水) 16:00配信

大今良時のベストセラーコミックを京都アニメーションが映画化した映画『聲の形』。このほど、aikoが手掛ける本作の主題歌「恋をしたのは」のPVが公開された。

【画像】映画『聲の形』の主題歌を手掛けるaiko

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。「いい奴ぶってんじゃねーよ」。自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて5年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友だちになれるかな?」再会したふたりは、いままで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞を受賞した原作コミックを、「けいおん!」『たまこラブストーリー』の山田尚子が監督を務め映画化する本作。9月17日の公開から、全国120館という規模でありながら、10代、20代の若者男女を中心に動員を伸ばし、大ヒットを記録。10月1日(土)には、今回の大ヒットを記念し、入野自由をはじめ、早見沙織、悠木碧、小野賢章、石川由依、潘めぐみら豪華声優陣に山田監督も登壇する大ヒット御礼舞台挨拶を実施予定だ。

このほど、本作の主題歌を務めるaikoの「恋をしたのは」PVが新たに解禁。映像全編に渡り劇中のシーンが使用され、aikoが歌う主題歌とともに本編の映像の一部を鑑賞することができる。

aikoは、先日公開前に行われた完成披露上映会舞台挨拶時に登壇者へ宛てた手紙で「『恋をしたのは』は愛する人を想う心の底にある誰にも言えない位揺るぎない強い想いを書きました。心の中は計れないし、痛みや喜び全てを同じ気持ちで感じる事は出来ないからこそ、想う強さを書きたかったんです」とコメントを寄せている。



映画『聲の形』は全国にて公開中。

最終更新:9/28(水) 16:00

cinemacafe.net