ここから本文です

<山崎賢人>ジョジョ実写化で東方仗助 「筋トレしてます」

まんたんウェブ 9/28(水) 18:30配信

 荒木飛呂彦さんの人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章」(三池崇史監督)で主人公・東方仗助を演じる俳優の山崎賢人さんが28日、東京都内で行われた製作発表会見に登場。映画はスペインで撮影される予定で、山崎さんは「とにかく頑張るしかない。自分自身、本当にこの豪華なキャストの方と、三池監督と、これからスペインで、これが映像になっていくということに本当にワクワクしています。不安がたくさんある分、その分、楽しみで仕方ない」と語った。

【写真特集】ジョジョまさかの実写化ァァァァッ! 気になる配役は…

 役作りについては「まず、体格のいい東方仗助に近づけるべく、筋トレをしています」と告白。「そして、髪形(リーゼント)をけなされるとものすごく切れてしまうので、そういう部分だったり、グレートって言う口癖があったり、特徴的なしゃべり方、そういうのをどう見せられるか考えてやっています」と明かした。

 また、原作マンガはオファーを受けてから読んでいるといい、「本当にジョジョの奇妙な冒険という世界観にどっぷりはまりまして、1部から8部までマンガを買いまして……いま7部読んでます」と告白。「やっぱりせりふだったり、絵だったり、読み返したい部分があって、仗助は正義感があって強くて、でも優しくて、人間としてカッコいい。東方仗助をできることに誇りを持ってやりたいなと思ってます」と意気込んだ。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は、1986年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった荒木さんの人気マンガ。数世代にわたる個性的な悪人たちとの戦いを描いた壮大なストーリーに加え、独特の擬音を用いた表現や立ちポーズなどが人気を博しており、現在は「ウルトラジャンプ」でシリーズ第8部「ジョジョリオン」が連載されている。

 今回映画化される第4部「ダイヤモンドは砕けない」は、1999年の日本が舞台。ジョセフ・ジョースターの隠し子・仗助が友人の広瀬康一や虹村億泰、マンガ家の岸辺露伴、承太郎らとともに杜王町に潜むスタンド使いと戦う……というストーリー。

 映画は東宝とワーナーブラザースジャパンによる初の共同製作・配給作品として、2017年夏に全国で公開。会見には、康一役の神木隆之介さん、山岸由花子役の小松菜奈さん、虹村形兆役の岡田将生さん、虹村億泰役の真剣佑さん、片桐安十郎役の山田孝之さん、空条承太郎役の伊勢谷友介さんらも出席した。

最終更新:9/28(水) 23:24

まんたんウェブ