ここから本文です

【欧州CL】出番なしの岡崎嘆く「自分を出したら安定するという試合展開だったのに」

東スポWeb 9/28(水) 11:03配信

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第2節8試合が27日(日本時間28日)に各地で行われたが、今節も日本人選手の出番はなかった。日本代表MF香川真司(27)は右足負傷の影響からか、Rマドリード戦でベンチ外。レスター(イングランド)所属のFW岡崎慎司(30)はホームのポルト(ポルトガル)戦でベンチ入りしたが出番はなかった。チームは前半25分に新加入FWイスラム・スリマニ(28)が決めたゴールを守りきって1―0で勝利。2連勝でG組首位を守った。

 試合後、岡崎はため息交じりに「自分を出したら安定するという試合展開だったのに…。これから戦ううえで(選手の)ローテーションは必要だと思う。ここまで一気に試合に出られないということになると」と嘆くばかり。

 29日の日本代表発表については「(チームで)出ていなくても(代表で)使われればやれる自信はある。コンディションは問題ない」と前を向いた。
 MF清武弘嗣(26)が所属するH組のセビリア(スペイン)はリヨン(フランス)に1―0で勝ち、今大会初勝利。攻撃的MFには夏の移籍市場締め切り間際に加入した元フランス代表MFサミル・ナスリ(29)がフル出場し、ベンチ入りした清武のCLデビューはまたもお預けとなった。

最終更新:9/28(水) 11:43

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合