ここから本文です

【凱旋門賞】なぜ3歳馬が有利?佐々木師が見解

デイリースポーツ 9/28(水) 6:03配信

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ)

 日本馬初の快挙へ、態勢は万全だ。日本ダービー馬マカヒキが27日、大一番へ向けて最終追い切りを行った。

 マカヒキと同じく3歳時にキズナで13年の凱旋門賞に挑んだ佐々木師。4着に敗れたが、3歳勢が有利と認める。その根拠に、一般的に言われる馬齢での斤量差に加え、負担重量そのものを挙げた。

 「フランスの(レース)後検量は厳しい。定められた重量を下回ると失格。だから、騎手は最初から重めの斤量で乗るんだ」と説明。汗での体重減などを考え、「4歳以上の牡馬(負担重量59・5キロ)は、60キロ以上で乗ることも。斤量60キロくらいになると少し重くなるだけで、かなりレースにも影響する」と持論を展開した。

最終更新:9/28(水) 7:52

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]