ここから本文です

<神木隆之介>ジョジョ実写化で広瀬康一に “ギャップ”考え役作り

まんたんウェブ 9/28(水) 19:20配信

 荒木飛呂彦さんの人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章」(三池崇史監督)の製作発表会見が28日、東京都内で行われ、俳優の神木隆之介さんが、山崎賢人さん演じる主人公・東方仗助の友人・広瀬康一を演じることが明らかになった。

【写真特集】ジョジョまさかの実写化ァァァァッ! 気になる配役は…

 神木さんは「本当に素晴らしい作品、素晴らしいキャラクターを務めさせていただくことを本当に光栄に思っています。すごく緊張もありますが一生懸命頑張ります」とあいさつ。「緊張しますね。プレッシャーも大きいですし、ひたすら頑張るしかないなって気持ちでいっぱい。これから役作りも、どういうふうに康一を見せていきたいかだったり、どういうふうに思ってもらいたいかだったり、慎重に作っていきたいなと思っています。とにかく頑張ります」と抱負を語った。

 「キャラクターでは、唯一ケンカ慣れしてなさそうなキャラクターだなという印象があるんですけど、康一は人一倍、勇気と根性というものを持っているので、普段の立ち居振る舞い、優しそうな雰囲気と、いざとなったときのギャップをどう作っていったらいいんだろうと、すごく考えています」と役作りについて明かした。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は、1986年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった荒木さんの人気マンガ。数世代にわたる個性的な悪人たちとの戦いを描いた壮大なストーリーに加え、独特の擬音を用いた表現や立ちポーズなどが人気を博しており、現在は「ウルトラジャンプ」でシリーズ第8部「ジョジョリオン」が連載されている。

 今回映画化される第4部「ダイヤモンドは砕けない」は、1999年の日本が舞台。ジョセフ・ジョースターの隠し子・仗助が友人の康一や虹村億泰、マンガ家の岸辺露伴、承太郎らとともに杜王町に潜むスタンド使いと戦う……というストーリー。映画は東宝とワーナーブラザースジャパンによる初の共同製作・配給作品として、2017年夏に全国で公開。会見には、山崎さん、神木さんのほか、山岸由花子役の小松菜奈さん、虹村形兆役の岡田将生さん、虹村億泰役の真剣佑さん、片桐安十郎役の山田孝之さん、空条承太郎役の伊勢谷友介さんらも出席した。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 20:14

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]