ここから本文です

ハリー・スタイルズ、久しぶりにインスタを更新!衝撃のヘアスタイルを公開

cinemacafe.net 9/28(水) 18:15配信

6月13日以降、SNSに画像を投稿することなく鳴りを潜めていたハリー・スタイルズが、約2か月半ぶりにインスタグラムに帰ってきた。

【写真】懐かしいロングヘアーを披露するハリー・スタイルズ

この夏中、クリストファー・ノーラン監督の『Dunkirk』(原題)の撮影に集中していたハリー。久しぶりとなった投稿は、「Another Man」誌の表紙を飾る3パターンのハリーだった。

1つ目は1960年代を意識し、当時流行していたマッシュルームヘアに挑戦しているハリー。服装はレトロなノルディック柄のタートルネックセーターで、まさに50年以上前の時代の再現に成功。イギリス出身、若手ファッション写真家のアラスデア・マクレランによって撮影された。

2つ目はファンにとっては涙が出そうなくらい懐かしいロングヘアのハリー。とは言え、かつてのそれとは異なり、1970年代の若きミック・ジャガーを彷彿させるロッカースタイル。こちらはベルギー出身のウィリー・ヴァンダーピエールが撮影した。

3つ目はウィッグなしで現在のハリーの髪型を元にした1980年代をイメージしたと見られるスタイル。首に首輪とリード、顔にクモの巣がかかっているパンクロックなこの写真は、今年4月から7月に東京オペラシティのアートギャラリーで展覧会を開いたライアン・マッギンレーによるもの。

「ET online」によるとハリーが表紙を飾った「Another Man」誌の2016年秋冬号は、29日(現地時間)に発売で、なんとハリーがポール・マッカートニーのインタビューを受けている記事があるそうだ。

最終更新:9/28(水) 18:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]