ここから本文です

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』シリーズのゲームシステムと“グループ攻撃”を紹介!

ファミ通.com 9/28(水) 14:02配信

●各作品のモビルスーツも続々登場
 バンダイナムコエンターテインメントは、2016年11月22日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』の最新情報を公開した。  
 今回はゲームシステムのなかから“SFS”や“GETゲージ”を紹介。さらに、戦艦とMSたちが連携して攻撃する新システム“グループ攻撃”の詳細もお伝えしよう。

■『ジージェネレーション』シリーズのシステムを紹介
 『ジージェネレーション』シリーズの醍醐味の開発・設計・交換機能は健在。ジージェネならではの機体の系譜を楽しむことができるだけでなく、さまざまな機体を獲得して自分だけのオリジナルの部隊を編成しよう。

・開発
 特定のレベルになった機体を開発することで別の機体に強化することができる。

・設計
 所持している特定の機体を2機掛け合わせることで別の機体が生産可能に。

・交換
 所持している機体をその機体とキャピタルを引き換えにして別の機体と交換できる。

SFS(サブ・フライト・システム)
 本作ではSFS(サブ・フライト・システム)が復活。機体をサブ・フライトに乗せることで、移動範囲が大きく増えるだけでなく、地形適性のない機体でも出撃することができるのだ。SFSシステムを使いこなし、効率よくミッションに挑もう。

比較画像

新要素“GETゲージ”
 本作からミッション中のゲスト機体も有効活用が可能に。ゲスト機体が持っている“GETゲージ”は、敵を倒すことで溜めることができるが、このゲージがMAXになると、ゲスト機体が生産リストに追加される。GETゲージを溜めゲスト機体を生産リストに追加するか、はたまた自分の機体を育てるかはプレイヤー次第だ。

ステージ例:機動戦士ガンダム 第08MS小隊

■新システム“グループ攻撃”で相手を攻撃!
 本作の『ジェネシス』から“グループ攻撃”が可能に。通常の支援攻撃とは異なる、戦艦とMSの連携攻撃で相手を撃破せよ。

グループ攻撃とは……
 “戦艦”が選択可能な行動のひとつで、周囲に配置した味方ユニットと同時に行う攻撃。戦艦の一定の範囲内にいる味方機と同じ数だけ、複数の敵ユニットをロックオンすることも可能。複数の敵ユニットに同時にダメージを与えられるので、バトルにより戦略性が生まれるのだ。

■収録作品情報を紹介!
機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…
機体名:ジム・スナイパーII(ホワイト・ディンゴ隊仕様)
 “ジム・コマンド”系の機体をベースに、限界まで強化改修を行なったジムの最高峰とも呼べるカスタム機をオーストラリア方面軍に所属する特務部隊“ホワイト・ディンゴ”隊の専用機として現地改修したものである。超長距離の狙撃に対応しているが、汎用性を保ちつつ総合性能の向上を計った機体である。

機体名:陸戦型ゲルググ(ヴィッシュ・ドナヒュー専用機)
 おもに宇宙に配備されるジオン公国の汎用量産型MS“ゲルググ”を地上用への改修を施したG型と呼ばれる機体のひとつである。“荒野の迅雷”の異名を持つヴィッシュ・ドナヒュー中尉専用機はG型の中でも珍しく重力下用バックパックを装備していないが、その他の改修は通常のG型同様に行なわれている。

機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
機体名:ピクシー
 連邦軍が極秘裏に開発していた陸戦用の試作型MSで、大幅な軽量化によって機動性と運動性を極限まで高めた設計を行なった機体である。武装についても、取り回しのよい実弾系を中心に、機動近接戦闘に特化したものとなっているほか、ある程度のステルス性も有している。

機体名:イフリート
 ジオン公国の地球方面軍を主導に開発が進められた“グフ”と“ドム”の中間に位置する陸戦用MSであり、実戦に投入された試作機の多くは特殊部隊に配備された。本機を含む完成した試作機は、かなりの高性能を発揮したが、生産性の低さが量産化への妨げとなり、8機のみが存在している。

■予約特典

■戦闘演出カット

SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応機種:PlayStation Vita / プレイステーション4
発売日:2016年11月22日発売予定
価格:PS4版:8200円[税抜]、PS Vita版:7600円[税抜](ともにダウンロード版も同価格)

最終更新:9/28(水) 14:02

ファミ通.com