ここから本文です

金目当てだとバッシング…会ったのは1度だけで獄中婚約

シネマトゥデイ 9/28(水) 22:12配信

 昨年12月にNetflixで公開され、いまだに冤罪(えんざい)か否かの物議をかもし続けているドキュメンタリー「殺人者への道」のスティーヴン・エイブリー(53)が獄中で婚約をしたと英 Mail Online が報じた。

【写真】「殺人者への道」

 相手はラスベガスで弁護士秘書をしているリン・ハートマンさん(53)。交際期間は約8か月で、最初は手紙のやり取りから始まり、その後は電話で連絡を取り合っていたそう。実際に会ったのは先週の1度きりだという。リンさんはスティーヴンの名声と将来的に得られる可能性のある大金目当てだと、すでにバッシングを受けているらしい。

 獄中のスティーヴンは、「彼女は僕の未来の妻だ。笑いが絶えないカップルになる。幸せだ。彼女はきちんとした態度で僕に接してくれるし、愛してくれる。今はずいぶん甘やかしてくれているよ。僕はただ幸せになって人生を楽しみたいんだ。もう十分に刑に服したと思う」とコメントしている。

 スティーヴンの弁護士キャスリーン・ゼルナーも二人の婚約を認め、「彼はリンにぞっこんで幸せです。われわれも彼の幸せを喜んでいます」と語っている。バツイチのスティーヴンはこれまでに2度婚約をしている。(澤田理沙)

最終更新:9/28(水) 22:12

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]