ここから本文です

ケイティ・ペリー、大統領選への投票をヌードで呼びかけ逮捕?

cinemacafe.net 9/28(水) 19:15配信

ケイティ・ペリーが11月8日(現地時間)の大統領選に行くようアメリカ国民に呼びかけるため、文字通り一肌脱いだ。

【写真】ケイティ・ペリーのInstagramより

今週月曜日、SNSに自分のヌードにモザイクがかかった画像と共に「明日、私は身体を使って世界を変える」というコメントを投稿したケイティ。その言葉通り、翌日に「ケイティ・ベリー、裸で投票」とのタイトルで動画を公開した。

動画は頭にポップコーンやキャンディをくっ付けているケイティが10時ちょうどに目覚めるところからスタートする。アメリカの国旗マークが散りばめられたパジャマが愛国家のケイティならでは。もちろんこの日は11月8日の選挙日。投票の“きまり”をかる~く流し読みしたというケイティによると、投票は「起きたての格好のままでもいいのよ」と気軽さにできることをアピール。ケイティの言う通り、投票所には子ども用ブリーフ一丁のマッチョマンやダブダブのTシャツ姿の女性など思い思いの格好の人々が集っていた。

一通り紹介し終わると、「私は全裸で寝ているから裸で…」とパジャマを脱ぎ捨てるケイティ。するとすぐさま警官が駆けつけ逮捕されてしまうことに。パトカーにはケイティと同じく全裸の男性が捕まっていた。最後は「やっぱり投票には服を着てきてー!」と投票者に呼びかけるケイティだった。この動画はコメディ動画サイト「ファニー・オア・ダイ」で公開されているジョーク動画ではあるが、ケイティの投票への熱い思いは本物だ。

最終更新:9/28(水) 19:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]