ここから本文です

秋元 康、“劇団”をプロデュース&劇団員を一般公募。コンセプトは「やってみなきゃわからない」

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/28(水) 13:19配信

AKB48グループ、および公式ライバルグループである“坂道シリーズ”の乃木坂46と欅坂46のプロデューサーであり、グループの全楽曲の作詞を手がけ、各グループの冠番組の企画構成やドラマの脚本なども手がける秋元 康。

【詳細】他の写真はこちら

そんな秋元 康が、あらたに“劇団プロジェクト”を立ち上げることが明らかとなった。

演劇や歌、ダンスを中心とする劇団をプロデュースし、今春には秋元 康オリジナル脚本・演出の旗上げ公演を実施するという。

本日より特設サイトがオープンし、劇団員募集の要項が公開。募集対象は15歳以上の男女。12月には劇団員の発表があり、2月には都内劇場にて公演が実施される予定となっている。

様々なエンタテインメントを手がけ、世の中にムーブメントを巻き起こしてきた秋元 康が、今回初めて劇団をプロデュース。コンセプトはその言葉どおり、「やってみなきゃわからない」。

avex松浦勝人氏との強力タッグにより、世の中に新しいエンターテインメントのムーブメントが起きそうだ。

秋元 康 コメント
旧来から親交があった松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長CEO)から、新しいプロジェクトの依頼があり、2人で話し合った結果、劇団をつくろうという話になりました。性別を問わず15歳以上の役者志望の方々を全国から募集し、「やってみなきゃわからない」という挑戦的な気持ちをコンセプトに劇団を発足致します。

オーディション特設ページ
http://avex-audition.jp/gekidan

最終更新:9/28(水) 13:19

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]