ここから本文です

宇多田ヒカル、朝ドラ主題歌「花束を君に」360度メイキング動画公開

cinemacafe.net 9/28(水) 20:00配信

活動再始動後初にして、8年ぶり、6枚目となるオリジナル・フルアルバム「Fantôme」を、本日9月28日(水)にリリースした宇多田ヒカル。本作の発売を記念して、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌の「花束を君に」の360度メイキング映像が公開された。

【写真】期間限定公開されるヱヴァ新劇場版ver.のMV

宇多田さんは、1998年12月に国内デビューすると、1stシングルがダブルミリオンを記録。当時若干15歳ながら音楽シーンの“台風の目”となり、続いて翌年春リリースの1stアルバム「First Love」がCDセールスの日本記録を樹立。一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。その後も精力的に音楽活動を展開してきたが、2010年“人間活動”を宣言し活動を一時休止。日本から離れ音楽活動と距離を置いてきた。そして2016年4月、日本テレビ「NEWS ZERO」のテーマ曲「真夏の通り雨」と、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」の発表をもって5年半ぶりにファン待望の復帰を果たした。

今回、オリジナル・フルアルバム「Fantôme」の発売を記念して、収録楽曲の中から、今週末に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌の「花束を君に」の360度メイキング映像を公開。この映像は、スマートフォンで観ると、撮影当時の臨場感あふれる映像を堪能できる仕掛けとなっている。


また、椎名林檎とのビデオ初共演で話題沸騰中の「二時間だけのバカンス」と、1日限定公開にもかかわらず計140万回以上再生された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズを制作しているスタジオカラーのスタッフが制作の「桜流し」のミュージックビデオが、ファンからの多数のリクエストに応えて期間限定で再配信が決定。9月28日~10月2日(日)まで、GYAO!にてフルで公開される。

「Fantôme」は発売中。

最終更新:9/28(水) 20:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]