ここから本文です

“酸欠少女”さユり、RADWIMPS野田プロデュース曲は「フラレガイガール」。新ビジュアルも解禁

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/28(水) 16:07配信

荒削りな美しさが作品世界と激しくリンクした、デビューシングル「ミカヅキ」で衝撃かつ鮮烈なデビューで話題の“酸欠少女”さユり。RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が楽曲提供・プロデュースを手がけた新曲を4thシングルとして12月7日にリリースすることが発表されたばかりだが、そのタイトルが「フラレガイガール」となることが本日解禁された。

【詳細】他の写真はこちら

「フラレガイガール」は、野田洋次郎独自の言葉世界と、さユりの繊細な歌声がひとつになった、過去の想いから“それでも”の先の未来へと進む、“過去”と“未来”が共鳴したさユり新境地のラブソング。

“酸欠少女”さユりは、人と違う感性・価値観に、優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く“酸欠世代”の象徴=“酸欠少女”として、アコギをかき鳴らしながら歌う、20歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。

酸欠世代の共鳴者として、その勢いを増す“酸欠少女”さユりのデビューシングル「ミカヅキ」を聴いた野田洋次郎が、その繊細な揺らぎを湛えた美しく無垢な歌声に惚れ込み、さユりに野田洋次郎独自の言葉世界に溢れる楽曲を提供、そしてプロデュースを手がけることになった。

さユりの“孤独を優しく抱きしめる”歌声が必要とされ、「フラレガイガール」は完成。12月7日に、さユりの4thシングルとして発売されることが決定している。

シングルの2曲目には、さユり作詞作曲の、デジタル世界と生身の世界の“境界線からの叫び”を歌った新曲「アノニマス」を収録。豪華な内容のシングルとなっている。この4thシングルの詳細も本日解禁された。

なお、この新曲「フラレガイガール」は、さユりが出演する、10月10日の『FM802 MINAMI WHEEL 2016 BIGCAT』にて初披露されることが決定している。

そして、新章となるさユりのキービジュアルも解禁。「フラレガイガール」の歌世界のヒントが垣間見えるビジュアルとなっている。

野田洋次郎独自の音楽と、さユりの歌声がひとつになった、さユりとしても新しい世界に踏み込む、“それでも”の先の新しい“共鳴”ソング「フラレガイガール」。さユりのデビューシングル「ミカヅキ」の歌声から結びついた、新境地の4thシングルに注目だ。

リリース情報
2016.12.07 ON SALE
SINGLE「フラレガイガール」

RADWIMPS OFFICIAL WEBSITE
http://radwimps.jp

さユり OFFICIAL WEBSITE
http://sayuri-web.com/

最終更新:9/28(水) 16:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]