ここから本文です

秋の実り黄金色 大玉

福島民報 9/28(水) 10:54配信

 秋を迎え、福島県内の水田では稲穂がこうべを垂れ、収穫期の訪れを告げている。
 大玉村と本宮市にまたがる大名倉山(576メートル)の山頂から大玉村側を見渡すと、一面に黄金色のじゅうたんを敷き詰めたように鮮やかな輝きを放っている。一部では稲刈りが始まっている。
 県内の平成28年産米は、東京電力福島第一原発事故を受け、これまでと同様に放射性物質を調べる全量全袋検査を経て出荷される。

福島民報社

最終更新:9/28(水) 12:09

福島民報