ここから本文です

井上尚弥、来年末のロマゴン戦へもう減量対策 今年末のV4戦は相手決まらず

デイリースポーツ 9/28(水) 6:03配信

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(23)=大橋=が27日、横浜市内で練習を再開した。来年末に計画されている世界4階級制覇王者のローマン・ゴンサレス(29)=ニカラグア=戦をにらみ、早くも減量を見据えた体作りに取り組んでいた。なお、年末に予定しているV4戦の相手は未定となっている。

【写真】井上尚、右ストレートでV3 いざロマゴン戦へ!

 V3戦から3週間が過ぎ、井上尚が始動した。「顔がスリムでしょう?ゴンサレスといつでもできるように、節制しているんです」と打ち明けた。練習中に痛めた腰も休養で回復した。「スパーリングで痛めたので考える。12ラウンドは必要ないかも」と、練習法も見直していく。

 10日に米国でクアドラス(メキシコ)-ゴンサレス戦を観戦し、衝撃を受けた。「ロマゴンのハングリー精神がものすごかった。弱気な表情になっても絶対に負けない、勝つんだ、という気持ちがすごい」と改めてロマゴンの強さを実感。「会場も超満員だった。ロマゴンが人気を高めた。軽量級でも結果を出せば歓声が起きる」と大きく刺激された。

 「今、リミット(52・1キロ)から3、4キロしか増やしていない。これまで60キロ前後はありましたから。こういうのは初めて。大一番、ロマゴン戦に向けて、減量苦で実力が出せないのではダメでしょう」と“ハングリー精神”でも負けない。

 ビッグマッチを前に、まずは年末のV4戦が待つ。交渉していたWBA世界同級王者のルイス・コンセプシオン(パナマ)は11月に防衛戦が決定し、流れた。WBO同級2位にランクインしたファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)も「尚がやりたがっていた」(大橋秀行会長)が、次戦が決定。「上からランカーを当たっているけど、なかなか受けてくれない」と、大橋会長はマッチメークに苦戦中だ。

最終更新:9/28(水) 7:32

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。