ここから本文です

超ミニサイズだけど遊びごたえアリ! ディズニーキャラのガチャガチャ+液晶玩具『マジカルガチャコーデ』

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/28(水) 16:37配信

ハンドルを回す感触とカリカリ…という音、ガチャガチャの楽しさがミニサイズで味わえます。

【詳細】他の写真はこちら

タカラトミーが10月22日に発売する『マジカルガチャコーデ』は、ガチャをまわしてディズニーキャラのカプセルを集めていく…というゲームを搭載した液晶玩具。対象年齢6歳からの女児向けおもちゃですが、ちまちま遊べるゲームにガチャガチャマシンそのものの楽しさも相まってちょっと面白そうです。

本体はミッキーマウス(『ポップイエローミッキーマウス』)、トイ・ストーリーのエイリアン(『アイスグリーンエイリアン』)、シンデレラ(『ラブリーピンク シンデレラ』)の3種のキャラ仕様で、価格はいずれも税抜き5500円。

内蔵ゲームのやりこみ度が想像以上に高そう

本体のゲームで遊んでコインをゲット。集めたコインでガチャを回して、ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラの「キャプセル」を集めていくというのが遊び方の基本。本体は幅63×高さ116x奥行き57mmととても小型。電池には別売りの単4電池3本を使います。

ゲームの仕組みはなかなか複雑。コインを集めるゲームは全7種、ディズニークイズは全60問が用意されています。集められるキャプセルは全143種類、その組み合わせで「コーデ」を楽しむことができ、コーデはなんと9万通りも存在。さらに時計機能も内蔵されていて、ハロウィンやクリスマスなど季節ごとの限定キャプセルも登場するそうです。キャプセルのコレクション要素に加え、ゲームのやりこみ度も高そうですね。

しかしこの複雑さは、説明するだけではわかりづらいかも…?ということで、実際にガチャガチャで遊んでみたようすを動画でどうぞ。

なんといってもアナログで実際にハンドルを回すというのがいいですね! 回すときのカリカリッという音とリアルな手応えがクセになりそう。

ガチで遊んでも良し、飽きたら飾ってもまた良し

手に入るキャプセルは4種類の「ワールド」ごとに異なり、あらかじめ開放されている“マルチ”ワールドのほか、それぞれ上部に差し込む「スペシャルキー」1つにつき新たに1つのワールドが開放される仕組み(全部のキャプセルを集めるためには3つのスペシャルキーが必要なので、キーを友達同士で貸し借りしあう、というのが前提になりそう)。また、赤外線通信を使って友達とキャプセルを交換したりプレゼントしたりもできます。

ガンガン遊ぶもよし、ディズニーファンなら飾って楽しむのもよし。価格的にはクリスマスプレゼントとしてもよさそうなおもちゃですね。

文/おいでゆうこ(And-Fabfactory)

(c) Disney (c) Disney/Pixar (c) Disney Based on the”Winnie the Pooh”works by A.A.Milne and E.H.Shepard.

関連サイト
タカラトミー『マジカルガチャコーデ』製品情報

関連記事
家でガチャガチャやり放題! ミニサイズで本格仕様のガシャポン自販機がバンダイから発売

最終更新:9/28(水) 16:37

M-ON!Press(エムオンプレス)