ここから本文です

重量挙げ三宅「燃焼しきれてない」現役続行に意欲

デイリースポーツ 9/28(水) 6:04配信

 重量挙げで五輪2大会連続メダリストの三宅宏実(30)=いちご=が27日、母校法大の市ケ谷キャンパスで行われた報告会に出席。その後、報道陣に対応し、現役続行に前向きな思いを明かした。

【写真】三宅宏実に…猫ひろし メダルいいニャ~!

 「20年、東京での五輪は魅力的。東京でなければ引退している。まだ燃焼しきれていない。それ(完全燃焼)がいつくるのか分からないけど、駄目だと思った時が引退する時だと思うので。一日一日の積み重ね、一年一年目標を達成していく中で、五輪を目指せる位置にいれば目指したい」と、34歳で迎える20年東京五輪挑戦を視野に入れた。

 現在はリオ五輪前に痛めた腰を治療しつつ、イベントなどをこなしている。「まずは体を治すこと。年内はしっかり休みたい」と、年内は完全休養にあてる考えを示した。

最終更新:9/28(水) 7:35

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています