ここから本文です

空き時間に「配達員」できる――フードデリバリー「UberEATS」都心でスタート 「焼肉トラジ」など参加

ITmedia ニュース 9/28(水) 13:14配信

 Uberは9月28日、フードデリバリーサービス「UberEATS」(ウーバー イーツ)を29日午前11時から都心部で始めると発表した。人気レストランの宅配メニューをスマートフォンから注文できるサービス。「パートナー配達員」に登録すれば、自転車などを使ってすき間時間に配達でき、報酬を受け取れる。

 米サンフランシスコや仏パリ、英ロンドンなど7カ国・33都市で提供しており、世界中で同じアプリから注文できる。渋谷区・港区を中心とした渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布エリアから開始し、順次エリアを拡大する。

 焼肉レストラン「焼肉トラジ」やイタリア料理店「ダルマット」、ドーナツ専門店「クリスピー・クリーム・ドーナツ」など150以上のレストランが参加。Uberのアカウントでアプリにログインし、届け先を指定した上で、メニューを選んで注文すれば完了だ。決済はアプリ上でクレジットカードで行う。最初ご注文は最大2000円引き。ほかのユーザーに紹介すると次回の注文で1500円分が無料になる。

 Uberの従業員でなくても、説明会に参加し、審査に通れば「パートナー配達員」に登録でき、配達して報酬を受け取れる。配達員は、レストランからの配達依頼を専用アプリで受け取り、専用の保温・保冷バッグを使って自転車か125cc以下の原付バイクで配達する。「すき間時間を有効に使って収入を得る機会が生まれる」としている。

 提携レストランは初期投資なしで宅配サービスを始められるほか、店名やメニューが世界中のUberEATSユーザーの目にとまるため、マーケティングや新規顧客の獲得にもつながるとしている。

最終更新:9/28(水) 13:14

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]