ここから本文です

落合GM「監督復帰」の衝撃情報…中日・白井オーナーを直撃

東スポWeb 9/28(水) 16:35配信

 中日の次期監督選びは大詰め。最有力は小笠原道大二軍監督(42)の昇格で、早ければチームの全日程終了翌日の29日にも発表されるとみられている。ところが、この土壇場にきて、落合博満GM(62)が監督に復帰するという衝撃情報が…。その真偽のほどはいかに。白井文吾オーナー(88)を直撃すると…。

 谷繁元信監督(45)がシーズン中の8月に事実上の解任。落合GMは就任時「監督よりも責任は重たい」と発言していたにもかかわらず、責任を取らない事態に周囲からの批判が集中した。その去就にも注目が集まり、来年1月で契約が切れるGM職を辞しての副社長就任説、はたまた三軍監督就任説など様々な転身説が球団内では、まことしやかにささやかれていたが、ここにきて流れてきたのが一軍監督復帰情報だ。

「もう落合が監督をやるしかない。それしか現状は収まらない。そう決まっているんだ」と断言するのは本社筋の関係者。チーム関係者も「(新監督は)小笠原だって言われているけど、実際には落合GMが監督に復帰すると思う。小笠原は、まだ1年しかやっていない。今の状況ではフロントも不安。将来の指揮官として育ててもらう意味でも落合監督なんだ」と説明する。

 中日は19年ぶりの最下位で4年連続のBクラス。2リーグ分立後、初の屈辱となった。危機的な状況では、いち早い再建が急務。そこで、2004年の就任時から8年間で4度のリーグ優勝を飾った手腕に頼ろうという意味合いもある。

 落合GMは昨年、チームが5位に沈んだ際に、親しい関係者に「俺だったら、この戦力で優勝できた」と漏らし、暗にチームの低迷は編成の責任ではなく、現場の責任とした。監督として結果を出せば、それを証明することにもなるが…。

 小笠原二軍監督の昇格が最有力視され、次期監督発表も間近とみられる中で流れだした「落合GMの監督復帰」のウルトラC情報は事実なのか否か。白井オーナーを直撃した。

 ――新監督に落合GMがなるという情報があります

 白井オーナー:あっそう。それで。

 ――真偽のほどは

 白井オーナー:しゃべった人が確実な人なら本当かもしれんよ。しかし、俺はそういうことは聞いてねえけどな。

 ――オーナーが聞いていないということは、最近オーナーがよく横行していると言われるデマの類いということですか

 白井オーナー:いや知りません。デマとかなんとか、俺が断定するわけにはいかんわな。ちゃんとした人がそういうことを言ったなら、そうかもしれんし。分からん。

 ――オーナーの気持ちの中にもある

 白井オーナー:俺の気持ちは言うわけには、いかんよ。誰にもしゃべったことないから。

 ――確実な人が言ったなら可能性はある

 白井オーナー:そういうことじゃないかな。君の信用次第だ。そりゃそうですよ。そういうことです。

 白井オーナーは否定も肯定もしなかったが、果たして…。答えはもうすぐ出る。

最終更新:9/28(水) 16:35

東スポWeb