ここから本文です

「テキサスバーガー」復活! マクドナルドが人気4商品を限定販売 高橋みなみさんも感嘆の声

ITmedia ビジネスオンライン 9/28(水) 14:23配信

 日本マクドナルドは9月28日、報道陣向けに45周年キャンペーン発表会を開催した。過去に人気だった商品のうち4商品を復刻し、10月5日から順次、期間限定で販売することを発表した。第1弾は「テキサスバーガー」、第2弾は「ベーコンポテトパイ」。本キャンペーンのアンバサダーを務める、元AKB48でタレントの高橋みなみさんがゲスト出演し、マクドナルドへの思いなどを語った。

【テキサスバーガーなど4商品が復活。アンバサダーの高橋みなみさんも大興奮】

 1971年に日本1号店となる「銀座店」をオープンした日本マクドナルドは、今年で45周年を迎える。2014年夏に発覚した期限切れ鶏肉の使用問題や、異物混入問題などによる業績低迷から一転、2016年1~6月期の連結決算は、売上高が前年同期比23.0%増の1048億9300万円、営業利益が4700万円の黒字(前年同期は182億9100万円の赤字)、最終利益も1億5800万円の黒字(同262億2000万円の赤字)と回復しつつある。本キャンペーンでさらなる売り上げ増に弾みをつけたい考えだ。

 発表会冒頭で同社のサラ・エル・カサノバ社長兼CEOは「当時、米国から驚きを持って迎えられたマクドナルドのハンバーガーは、その後、『月見バーガー』や『グラコロ』といった日本独自の商品や、『てりやきマックバーガー』『えびフィレオ』などこの日本から海外に展開した商品を生み出すほどの市場に成長した」と語った。また、この45年間で約300万人が店舗アルバイトとして働くなど、日本の若者のバイト先として同社の人気が高いことをアピールした。

 今回のキャンペーンで復刻販売する4商品については、いずれも「マクドナルドらしい、マクドナルドしかできない味わい」(同社 ナショナルマーケティング部 河野辺孝則上席部長)だとする。テキサスバーガーは2010年に限定発売した商品で通常の約2.5倍のビーフパティが特徴。ベーコンポテトパイは1990年から2002年までレギュラーメニューとして販売していたものだ。

 このたびアンバサダーを務める高橋さんは、“東京生まれ、マクドナルド育ち”を掲げるほど無類のマクドナルド好きとして知られる。よくデリバリー(宅配)注文するほか、AKB48に在籍していたときには、他のメンバーを連れてしばしば店舗に訪れていたそうだ。

 キャンペーン商品のベーコンポテトパイについては「小学生のころに一番食べた商品。販売終了して悲しく思っていたが、今回の復活でまたたくさん食べたい」と意気込む。その後、ステージ上で試食した高橋さんは「サクサクのパイに、ほくほくのポテト、ベーコンがとろりとまざっておいしい!」と感嘆の声を上げていた。

 キャンペーンの第1弾は10月5日から、第2弾は10月12日からスタート。テキサスバーガーについては、9月29日から全国67店舗で先行販売する。現時点での商品内容は未定だが、第3弾は11月2日から、第4弾は11月22日から発売する。

(伏見学)

最終更新:9/28(水) 16:45

ITmedia ビジネスオンライン