ここから本文です

福山宅侵入のコンシェルジュに有罪判決 妻・吹石のバースデーに…

デイリースポーツ 9/28(水) 12:43配信

 歌手で俳優の福山雅治(47)が住む都内マンション内の自宅に合鍵を使って侵入し住居侵入罪に問われた同マンションの元コンシェルジュ、宮本万里子被告(48)の判決公判が28日、東京地裁で開かれ、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)が言い渡された。くしくもこの日は、福山の妻で女優の吹石一恵が34歳となる誕生日だった。

 8日の初公判では、宮本被告が勤務後にいったん帰宅して変装し、職務上、手に入れることができた合鍵を使用して福山宅に侵入。帰宅した吹石と鉢合わせした、犯行当時の様子がつまびらかとなった。調書によると、福山は「事件前と同じ生活が送れなくなった。きちんと懲役刑を受けてほしい」と求めている。

 この日、佐々木一夫裁判官は刑について「被害者にとって、もっとも安心して過ごせるはずの防犯性の高い居住空間で、たまたま帰宅した妻にとって予想だにしない状況。多大な恐怖を感じさせている。被害者が厳しい処罰を求めるのも理解できる」と説明。「立場を悪用し、変装するなど巧妙で狡猾的な側面もうかがえる。もう1度、自分自身の中できちんとケジメをつけてください」と諭した。

 宮本被告は、初公判と同様にバッチリと化粧を施し、白シャツに紺のパンツ姿。裁判官の言葉に、小さいながらもはっきりとした口調で「はい」と繰り返した。午前10時開廷の公判は15分ほどで終了した。

最終更新:9/28(水) 12:47

デイリースポーツ