ここから本文です

【メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ】上野社長「1台で多様な使い方ができるクルマ」

レスポンス 9/28(水) 16:15配信

メルセデス・ベンツ日本は9月28日、「Cクラス」のオープンモデル『Cクラス カブリオレ』を発売した。1.6リットル直列4気筒直噴ターボから4.0リットルV型8気筒直噴ツインターボまで4タイプの設定があり、価格は606万~1403万円となっている、

[関連写真]

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日、都内で開いた発表会で「今回、『Cクラス』に初めてカブリオレを追加した。Cクラス カブリオレは、『Sクラス カブリオレ』の技術を惜しみなく投入し、乗員4名が快適にオープンエアドライブを楽しめるクルマ。もちろんCクラスの安全性や、軽快なドライビング性能はカブリオレにも引き継がれている」と紹介。

また「メルセデスのオープンモデルは、ソフトトップを閉じればクーペと変わらない静粛性、またルーフを開ければ、オープンモデルの一番の魅力である開放感を楽しみことができる。そして真冬など寒い日でも、快適にオープンドライブを楽しんで頂くために、室内への風の巻き込みを防ぐ装備や車内の暖かい空気を外に逃がさない機能を備えている」とも説明。

そのうえで「後席を倒せば、たくさんの荷物を積むこともできる。Cクラス カブリオレは1台で多様な使い方ができるクルマとなっている」と強調した。

《レスポンス 小松哲也》

最終更新:9/28(水) 16:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。