ここから本文です

Googleがディープラーニングによる新翻訳システムを開発 まず中国語の英訳から

ねとらぼ 9/28(水) 16:03配信

 米Googleが現地時間9月27日、ディープラーニングを用いた新たな翻訳システム「Google Neural Machine Translation(GNMT)」の開発を発表した。今後のGoogle翻訳における、より精度の高い翻訳が期待される。

【各技術による翻訳例】

 原文全体を読み込み、1つのユニットとして翻訳し出力する仕組み。既存のフレーズベースの機械翻訳技術(PBMT)と比較して、翻訳エラーが55~85%減少したという。GMNT・PBMT・人間の翻訳の比較でも、一部の言語でGNMTは人間に迫る成果を示している。

 Google翻訳の中国語の英訳に導入済み。数カ月かけて他の言語にも拡大するという。Googleは「まだ人間ではありえないミスもあり、多くの改善が必要」としつつも、GNMTを「大きなマイルストーンである」と述べている。

最終更新:9/28(水) 16:03

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。