ここから本文です

ジープ、ラングラーとレネゲードに砂漠をイメージした限定モデル

レスポンス 9/28(水) 17:45配信

FCAジャパンは、ジープ『ラングラー』および『レネゲード』に限定モデル「モハベ エディション」を設定し、10月8日より販売を開始する。限定台数は各100台。

[関連写真]

モハベ エディションは、ジープ レネゲード/ラングラーをベースに、米国南西部に広がるモハベ砂漠の色をイメージした特別カラー「モハベサンド」を採用した。さらに、星条旗デカールをボディ左右に装着。星条旗の星は通常左上にあるが、進行方向に星が来るようにするため、右側のデカールは右上に星が位置している。

レネゲード モハベ エディションは、車線逸脱警報プラスや前面衝突警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、リアバックアップカメラなど、上級グレード「リミテッド」に装備されているすべての安全装備を標準設定する。価格はベースモデルより10万8000円プラスの 307万8000円。

ラングラー アンリミテッド モハベ エディションは、ダイヤトーン サウンドナビや専用開発の「Jeep」ロゴ入りボディカラードアミラーを装備。価格はベースモデルより5万4000円プラスの401万7600円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/28(水) 17:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。