ここから本文です

【パリモーターショー16】フィアット パンダ、「クロス」に2017年型…内装を改良

レスポンス 9/28(水) 18:15配信

欧米の自動車大手、FCAのフィアットブランドは9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16において、『パンダ・クロス』の2017年モデルを初公開する。

画像:フィアット パンダ クロスの2017年型

フィアットは2012年9月、パリモーターショー12において、新型『パンダ4×4』を発表。2014年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー14で発表されたパンダ・クロスは、この新型パンダ4×4をベースに、オフロードテイストを付加した派生SUV。

外観はバンパー、フォグランプ、フェンダーエクステンション、ルーフバーなどをパンダ・クロスのために専用デザイン。前後バンパーのアンダーガードは、サテンチタニウム塗装とした。ボディサイズは、全長3680×全幅1670×全高1600mm。タイヤサイズは新型パンダ4×4よりも大きい185/65R15。最低地上高は150-160mmを確保する。

4WDシステムは、「トルクオンデマンド」と称され、路面状況や走行条件に応じて、前後でトルク配分を行う。ELDと呼ばれる、電子制御デフロック機構も採用。テレーンコントロールは、オート、ロック、ヒルディセントの3モードが切り替えられる。フィアットによると、ベース車両の新型パンダ4×4を上回るアプローチアングルとデパーチャーアングルを実現しているという。

パリモーターショー16では、このパンダ・クロスが改良を受けて、2017年モデルに進化する。改良の内容は、インテリアが中心。ステアリングホイールやシート生地が新デザイン。メーター類には、視認性を向上させる改良を施した。車載インフォテインメントの「Uconnect」は、最新版にアップデートされている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/28(水) 18:15

レスポンス