ここから本文です

JR京葉線のホームに新たな列車接近音 9月25日から使用開始

レスポンス 9/28(水) 21:15配信

京葉線のホームに新しい音が加わった。新木場駅では、「2番線に電車がまいります」といった自動アナウンスが始まったあと、新たなメロディがスピーカーから奏で始め、電車が進入し停止するまでその音は鳴り続く。

[関連写真]

新木場の場合、上下線で異なるメロディを発する。上下の電車が同じタイミングで入ってくると、違う2曲のメロディが重なりあい、かなりにぎやか。こうしたシーンは、JR西日本のアーバンネットワークなどで展開されている列車接近音に似ている。

この新たな接近音についてJRは「広く公表していないが、9月25日からはじめた。列車の運行システム全体を更新したのにあわせて、こうした音が追加された」という。

京葉線では2015年から、「選ばれ続ける京葉線」を目指した「京葉ベイサイドラインプロジェクト」を実施。「お客さま・地域のみなさまの笑顔の実現」「統一感のある沿線づくり」「利便性・快適性を追求」「各駅周辺の特性を活かした地域との連携」などに継続的に取り組んでいるという。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:9/28(水) 21:15

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革