ここから本文です

知事が妊婦になっちゃった? 男(ダン)ディ知事3人が“世界一”育児をしない日本の夫を代表して妊婦体験

ねとらぼ 9/28(水) 19:40配信

 日本の夫は、“世界一”家事育児をしないと言われているそう。そんな日本の夫を代表して、山口県の村岡知事、宮崎県の河野知事、佐賀県の山口知事の3人がお腹に7.3キロの重りを抱え、妊娠7カ月の妊婦が行う買い物、洗濯、掃除などの家事を体験している動画が公開されました。体を張る知事、ステキです。

【大きなお腹で家事をする知事】

 この動画は、沖縄・山口を含めた九州の各県と経済界が一体となって、男性の家事・育児を応援する「九州・山口 ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン」の一環で作られたもの。九州・山口では、夫の家事に関わる時間が全国平均より短く、それを改善するキャンペーンなんだとか。

 妊婦体験の重りは想像以上に重く感じるようで、バスに乗ったり買い物をしたりするのも一苦労。大きなお腹を抱えているために靴下を履くことすらなかなかできない知事たちの姿が映し出されています。知事たちは仕事だけでなく育児や家庭生活を大切にできる男性を応援するために結成された「ご当地男(ダン)ディ」の一員。妊婦姿で家事を手伝う知事、男(ダン)ディです。

 妊婦体験で女性の大変さを実感した知事たちからは、奥さんへの感謝の言葉などが出ています。妊婦体験をした男性の96.7%が家事や育児をすべきと答えており、実際に家事や育児に積極的になるというデータが出ています。この「妊婦ジャケット」は、全国各地の産婦人科やマタニティースクールで実際に体験できるそう。世の男性諸君。みんなで体験してみよう! 家事・育児を手伝おう!

 同キャンペーンは、出産等の希望がかなう社会づくりプロジェクトチームの取り組み。「仕事と生活の両立」を大切にワーク・ライフ・バランスの向上と、子育てに優しい職場づくり推進を目的に作られたもので、「幸せは、家庭と仕事のバランスでできている」というメッセージが込められています。

 九州・山口 ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーンのサイトでは、「知事が妊婦に編」のほか、「ごめんね弁当編」「NO残業社長編」「ご当地男ディ宣言編」の動画も公開されています。

最終更新:9/28(水) 19:40

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革