ここから本文です

【スプリンターズS】ミッキーアイル ハナ争いライバル不在で“勝ちパターン”復活

東スポWeb 9/28(水) 21:34配信

【スプリンターズS(日曜=10月2日、中山芝外1200メートル)栗東発トレセン秘話】春のスプリント王決定戦・高松宮記念のレース後、検量室裏で、ローレルベローチェ(16着)の手綱を取った中井を、ティーハーフ(6着)騎乗の池添が慰めているシーンを目撃した。

「他の邪魔をしなければ、自分がどこを通ろうと問題ない。極端な話、外ラチ沿いを回ってきてもいいんだから」(池添)

 レースを改めて振り返ると、積極果敢に逃げた中井のローレルベローチェは道中、内ラチ沿いを走っていたが、4角で馬場のいいところを通ろうとして6~7頭分外に持ち出す競馬を展開。このコース取りにレース後、ライバル陣営の関係者から厳しい声が上がった。それを見ていた池添が、落ち込む後輩を励ましたというわけだ。

 その関係者こそが2着=ミッキーアイルを管理する音無調教師だった。

「あれで制裁が何もないのはおかしいと思ったんだ。(勝った)ビッグアーサーは不利を受けていないけど、ウチのは前の馬に半馬身ほど体が入っていたから、あの馬が外に持ち出してきた時に、完全に体勢を崩して外に振られてしまっている。あの不利は痛かったよ。(ミッキーアイルに騎乗した)松山も相当怒っていたんだから」

 外に振られるロスが響いたのは確かだろう。が、よくよく振り返れば、スプリントGI挑戦、香港スプリントも入れれば計4走で、広義では“不利”を受け続けてきたのがこのミッキーアイル。過去7勝全てが「逃げ切り」(逃げて勝てなかったのは3歳で挑戦した不良馬場の安田記念=16着だけ)という明確な勝ちパターンがあるのに、スプリントGIの宿命か、より速い同型に常に先手を奪われ、控えざるを得ない“不利な競馬”を余儀なくされてきた。

「今回はビッグアーサーがいることよりも、他に速い逃げ馬がいないことのほうが大きいですね。逃げた時は大抵結果が出ているんで」とは担当の平井助手。因縁のローレルベローチェの不在はもちろん、アンバルブライベン、ハクサンムーンといった「逃げ馬」が去った後のこの一戦は、得意のパターンに持ち込める可能性が極めて高い。

 あとは仕上がり。正直、1週前追い切りの動きはやや物足りなく映ったが、「休み明けはいつもこんな感じ。気がいい馬だから間が空いても関係ないし、当週はさらに良くなると思います」(平井助手)。

 ディープインパクト産駒初のスプリントGI制覇をミッキーアイルがついに成し遂げるのか。最終追い切りのチェックは怠れない。

最終更新:9/28(水) 21:45

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]