ここから本文です

日本に200万人いる30歳以上の童貞を描いた「漫画ルポ 中年童貞」刊行 妖精になれるって聞いてたのに……

ねとらぼ 9/28(水) 20:35配信

 Web漫画サイト「リイドカフェ」で連載されていた「漫画ルポ 中年童貞」が、リイド社から単行本として刊行されました。内容もさることながら、絵の生々しさが半端ねえ……。

【「中年童貞」の1ページ】

 「漫画ルポ 中年童貞」は、日本に200万人以上いると推定される30歳以上で性体験のない男性を扱った中村淳彦さんの著作「ルポ 中年童貞」(幻冬舎新書)を原作とする作品。漫画化を担当した桜壱バーゲンさんのブログによれば、内容が内容だけに連載開始時には炎上を覚悟しつつも、「リアルな面白さと社会問題を伝えられるように」努めていたとのこと。

 アニメ・アイドルオタクやネット右翼、婚活で失敗続きの人など、作中の中年童貞10人はいずれも実在の人物を描いていますが、ギャグ漫画と勘違いしてしまう読者も見られたそう。登場人物の言動に、現実離れしたインパクトがあったせいかもしれません。単行本には各章に中村さんが書きおろしたコラムが掲載され、価格は1000円(税別)。

最終更新:9/28(水) 20:35

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]