ここから本文です

ヤクルト 森岡が最後の打席、涙の二ゴロ後に子どもから花束

デイリースポーツ 9/28(水) 20:21配信

 「ヤクルト-DeNA」(28日、神宮球場)

 今季限りでの引退を発表したヤクルト・森岡良介内野手(32)が最後の打席に立った。

 チームが6-4と逆転した後の六回無死から9番・石川の代打で登場。DeNAの3番手・ザガースキーから二ゴロを打ち、一塁はアウトとなった。

 森岡は涙で顔を崩しながら、ベンチ前で自身の子ども2人から花束を贈られた。

最終更新:9/28(水) 21:16

デイリースポーツ