ここから本文です

日本の「ゴスペル」シーンを再定義するマスコーラスグループBe Choirがゴスペラーズ黒沢 薫や谷村奈南らを迎えライブ開催

BARKS 9/28(水) 11:07配信

メジャーシーンでは稀なマスコーラス(大人数でのコーラス)の可能性に挑む“Be Choir”が、出自であるゴスペルミュージックにフィーチャーしたライブを2016年10月1日(土)、川崎CLUB CITTA'にて開催する。

ゴスペルミュージックは本来、キリスト教における宗教的なメッセージを伝える音楽だが、大人数の「声」が持つ迫力や説得力が感動を呼び、日本では多くのノンクリスチャンも参加し、全国にゴスペルスクールが広がるブームを呼んでいる。

宗教的な意味合いを超えた「ゴスペル」を改めて訴え、その可能性を広げる初めてのライブとして、ゴスペラーズ黒沢 薫ソロオリジナル曲「LOVE LIFE feat. Be Choir」のライブ初披露を目玉として、学生団体で1,000人規模のライブを続ける“SAfro FAmily”とのコラボレーション、さらに谷村奈南など数多くのゲストシンガーを迎えライブを展開する。

今後さらに可能性の広がる「ゴスペル」の再出発ライブとして、ぜひ直にライブを体感してほしい。

ライブ・イベント情報
<Be Choir Presents “ゴスペル” vol.1 ~feat. SAfro FAmily ALL STARS~』
■開場 16:00
■開演 17:00
■会場:CLUB CITTA’
■出演:
Be Choir/SAfro FAmily/SAfro FAmily ALL STARS/黒沢 薫/谷村奈南/ /MARU/MARISA  ほか
■企画/制作: Be Choir / PGG
■協力 :CLUB CITTA’ / SAfro FAmily /東京キネマ倶楽部

最終更新:9/28(水) 11:07

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]