ここから本文です

[Alexandros]、映画『きょうのキラ君』主題歌にラブソング書き下ろし

BARKS 9/28(水) 12:04配信

[Alexandros]の新曲「今まで君が泣いた分取り戻そう」が、映画『きょうのキラ君』(2017年2月25日公開)主題歌に決定した。

◆映画『きょうのキラ君』メイン画像

映画『きょうのキラ君』の原作は、漫画家・みきもと凜による同名漫画(『別冊フレンド』連載/2011年~2014年)。他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノンと、学校のクラスメイトで誰もが憧れる“キラ”こと吉良ゆいじのラブストーリーが描かれた作品だ。キラ役を中川大志、ニノ役を飯豊まりえ、同級生の矢部和弘役を葉山奨之、キラの幼馴染の矢作澪役を平祐奈が演じる。監督は『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』、『海月姫』、『L・DK』など様々なラブストーリーを手掛けてきた川村泰祐が担当する。

主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」は、川上洋平(Vo&G)が原作と映画の台本を読み、“大切な人に対しての包み隠さない愛情”というテーマで書き下ろしたもの。[Alexandros]が映画の主題歌を務めるのは、『明烏』『ターザン:REBORN』以来3作目となり、楽曲は2016年11月9日発売のニューアルバム『EXIST!』にも収録される。

  ◆  ◆  ◆

■川上洋平(Vo&G)コメント
川村監督と初めに打合せをした時に「川上さんはどういう曲が良いと思います?」と逆に聞いて頂けたので、とても嬉しかったです。そのおかげで自由気ま まに作れました。原作の漫画や台本を読み、「大切な人に対しての包み隠さない愛情」というテーマを何となくですが読み取り、曲に落とし込みたいと思い ました。「会いたい」と思った時に大切な人が近くにいる事。それは当たり前の事ではなく、奇跡に近いことである。限りある時間の中で目一杯大切な人と 素敵な時間を過ごして欲しい、そんな想いをこの曲に詰め込みました。作っている最中は作品とはなるべく距離を置いたのですが、完成してみると不思議な事にピッタリはまっていたので我ながら驚きました。

  ◆  ◆  ◆

映画『きょうのキラ君』
2017年2月25日(土)公開
出演:中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈
監督:川村泰祐
原作:みきもと凜
配給:ショウゲート
ストーリー:
初めて本気で人を好きになった。キラ君、あなたと365日、一緒にいたい。
誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川大志)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近!初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は──?同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。キラ君、あなたとずっと一緒にいたい。

(c)2017「きょうのキラ君」製作委員会 (c)みきもと凜/講談社

最終更新:9/28(水) 12:04

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]