ここから本文です

不倫、浮気、略奪愛…禁じられた愛描く、まさかのコンピ盤登場

BARKS 9/28(水) 20:08配信

9月28日、不倫や浮気をテーマにしたコンピレーションアルバム『禁じられた愛の唄』がリリースされた。

2016年、年初から幾度となく“不倫”の話題が報じられてきた。家庭を壊し、仕事や友人まで失いかねないなど、その代償はとても大きい。しかし、この恋愛感情をテーマとした文学や音楽、映画などには名作と呼ばれるものも少なくなく、日本の歌謡界においても、数多くの名曲が生まれていることも事実なのだ。

アルバムには、「年上の女」(森進一)、「シンデレラ・ハネムーン」(岩崎宏美)、「愛人」(テレサ・テン)、「天城越え」(石川さゆり)、「海雪」(ジェロ)「Ti Amo」(湖月わたる/カバー)といった新旧の楽曲を、ほぼ発売順に全18曲収録。阿久悠や吉岡治、なかにし礼、湯川れい子、秋元康、松尾潔、谷村新司、高見沢俊彦など、日本を代表する作詞家やシンガーソングライターが綴った“禁じられた愛”が収められている。ちなみに、ジャケットは“あの雑誌”を彷彿とさせるデザインとなっている。

音楽市場アナリスト 臼井孝氏(T2U音楽研究所)はこういった楽曲のヒットについて、次のように話す。

「禁じられているからこそ生じる切なさややるせなさ、許されないからこそ生じる燃えたぎる愛、またそれを傍で感じる立場にある人の狂おしさや嫉妬など、様々な感情がリアルに描かれています。だからこそ、共感を憶える人が多いのではないでしょうか」

あなたは、恋愛がうまくいっているとき、またはうまくいっていないときに、“現在自分が置かれている状況と同じ内容の歌詞”が使われている楽曲を検索した経験は無いだろうか? 幸せな気持ちをより盛り上げるため、無理矢理にでも泣かないともうやってられない!という気分だから…など理由はそれぞれあると思うが、音楽を聴いて自分の感情の整理を行なう人も多いはずだ。

メロディと歌詞は感情に寄り添い、私たちは泣いたり笑ったりしながら楽曲を味わう。“音楽”と“感情”は切っても切れない関係にあると言っても過言ではないだろう。

このコンピレーションアルバムは、あくまでもフィクションとして真面目に楽しもうという企画だ。だが、もしも何かの理由で恋愛に悩んでいるのなら、この作品を聴いて浸ってみるのもいいのではないか…というのは蛇足なので、読み流してもらえると嬉しい。

※BARKSでは、誰かが傷つく恋愛を推奨していません。

『禁じられた愛の唄』br>
2016年9月28日(水) 発売
VICL-64646 CD
全18曲収録/¥1,800 (+税)

[収録曲]
01. 年上の女(ひと) / 森 進一
02. 他人の関係 / 金井克子
03. シンデレラ・ハネムーン / 岩崎宏美
04. ブルースカイ ブルー / 西城秀樹
05. お嫁にゆけないわたし / 三浦弘とハニーシックス
06. 左手で愛して / 畑中葉子
07. ガラスの花 / 高田みづえ
08. さざんかの宿 / 大川栄策
09. 越冬つばめ / 森 昌子
10. ホテル / 立花淳一
11. 愛人 / テレサ・テン
12. し・の・び・愛 / 柏原芳恵
13. あゝ無情 / アン・ルイス
14. 天城越え / 石川さゆり
15. なめとんか / やしきたかじん
16. 悦楽の園 / 長山洋子
17. 海雪 / ジェロ
18. Ti Amo / 湖月わたる(カバー)

最終更新:9/28(水) 20:08

BARKS