ここから本文です

カシオ電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」にホワイトウッド調仕上げの新モデル登場、歴史ある3種のグランドピアノ音色と木製鍵盤を搭載

BARKS 9/28(水) 19:44配信

カシオ計算機の電子ピアノCELVIANO Grand Hybrid(セルヴィアノーグランドハイブリッド)のラインナップに暖かみのあるホワイトウッド調仕上げを施した「GP-300WE」が加わることとなった。

CELVIANO Grand Hybridは、デジタルとアコースティックの長所を融合させ、音色、鍵盤、弾き心地などすべての面において、グランドピアノの性能を追求した電子ピアノのシリーズ。カシオは昨年、グランドピアノさながらの美しい音色と豊かな響きを可能にする“AiR Grand音源”と、グランドピアノの鍵盤にも用いられるスプルース材を加工した木製鍵盤を備えた「GP-500BP」「GP-300BK」を発売。C.BECHSTEIN社と共同開発した音色の搭載や、グランドピアノの弾き応えに大きく関係するハンマーの動きを追求したアクション機構を融合させた「ナチュラルグランドハンマーアクション鍵盤」の開発など、従来の電子ピアノとは一線を画す、こだわり抜いた音とタッチが普段グランドピアノを演奏している方からも好評を博している。

そして、今回登場の「GP-300WE」は、「GP-500BP」「GP-300BK」で好評の歴史あるグランドピアノの3音色や、しなやかな弾き心地と確かな弾き応えを感じさせるタッチはそのままに、本体とスタンドを人気の高いホワイトウッド調で統一。ブラックウッド調の「GP-300BK」とは異なる、明るくも優美な雰囲気を持つモデルに仕上げた。

先進性を感じさせる真っ白なホワイトではなく、天然木材を思わせるホワイトウッド調の仕上げを採用することで、グランドピアノの音色・鍵盤・弾き心地を徹底的に追求した“CELVIANO Grand Hybrid”が持つグランドピアノらしさを表現している。

サウンド面では、美しい音色と豊かな響きを可能にする“AiR Grand音源”に注目。音の波形を滑らかに変化させる“マルチ・ディメンショナル・モーフィング”、グランドピアノの弦共鳴が得られる“弦共鳴システム”により、輪郭がはっきりとした落ち着きのある上品な音を実現。透明感のある音と響きが軽やかで色彩豊かな旋律を奏でるベルリン・グランド、迫力と力強さを備え弦共鳴の多い華やかなハンブルク・グランド、重厚感のある落ち着いた低音とやわらかく美しい弱打が特長のウィーン・グランドからなる3つのグランドピアノの音色を搭載した。これと合わせて、前述の「ナチュラルグランドハンマーアクション鍵盤」、6つのスピーカーで立体的な音の空間を創りだす「グランドアコースティックシステム」により、グランドピアノを思わせる音色と響きが楽しめる。

オーケストラとピアノの共演ができる「コンサートプレイ」は、電子ピアノならではの機能。オーケストラの壮大な生演奏を高音質なオーディオデータで収録。収録されたオーケストラの演奏をバックにピアノを弾くことで、コンサートでオーケストラと共演をしているような気分を楽しめまる。また、テンポを遅くすることや早送り、早戻し、A-B区間リピート再生ができるなど、練習にも用いることが可能だ。

さらにコンサートホールのような特別な場所での演奏体験ができる「ホールシミュレーター」も搭載。これは、アムステルダムの教会、ベルリンにあるクラシックコンサートホールなど、ホールごとに異なる音響特性を臨場感あふれるサウンドで堪能できるという機能。グランドピアノの前に座って演奏する臨場感を味わえる“プレイヤーズ・ポジション”と、自身の演奏を聴衆の位置から聴いているような効果が得られる“リスナーズ・ポジション”(3種類)を必要に応じて切り替えられる。

本体には3本のペダル(ダンパー、ソフト、ソステヌート)を装備。メトロノーム、MIDIレコーダー、オーディオレコーダーを搭載するほか、USB to Host端子、USBメモリ端子、MIDI IN/OUT端子、ヘッドホン出力(標準ステレオ)、ラインイン/ラインアウト端子(標準ジャック×2:L/MONO、R)を備える。電源は付属ACアダプターを使用。サイズは1434×489×963mm(譜面立て含まず)、重量は77.5kg。

製品情報
◆GP-300WE
価格:オープン(市場想定価格 27万円前後 税別)
発売日:2016年10月28日

最終更新:9/28(水) 19:44

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]