ここから本文です

【人間椅子連載】ナザレス通信Vol.13「始末書」

BARKS 10/2(日) 11:45配信

前回のコラム、おまけのマイベストテープの中で大きな間違いを2箇所もしてしまいました。カバー曲のリストでしたが、GRAND FUNK RAILROADの「Loco Motion」を頭の中で歌いながら「We're An American Band」と書いてしまいました。「Little Wing」のカバーはクラプトンがいたDEREK AND THE DOMINOSなのですが、「やっぱりジミヘンの原曲のほうがいいよな」と思っていたらJIMI HENDRIXと書いてしまいました。どうもすみませんでした。皆さんのご指摘のお陰でこのコラムの完成度が上がります。これからも校正よろしくお願いします。ああ、バイト時代に書いた始末書のことを思い出してしまった。

◆人間椅子 公式LINEアカウント

数々の始末書の中でも忘れられないのは大阪にいて遅刻した時のものです。前日ライブでホテルで深い眠りに就いていたら携帯に「今日出勤ですよ」と電話が入り、タクシーと新幹線のなかでどうやって謝るか考えながら高速移動して、何とか午後からの仕事に間に合ったのでした。携帯の画面に「杉並郵便局」と出ているのを見た瞬時に「しまった。勤務指定を入れ間違った」と気付いて青ざめた僕の気持ち、皆さんなら分ってくれることでしょう。その日は同じ班の仲間に申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら普段より気合いを入れて働きました。終わりに課長が寄ってきて「鈴木くん、始末書ね~」と紙を渡されたのですが、「今後はより慎重に勤務指定を組むよう心がけます」といったまぬけな謝罪文を書いたような気がします。

さて、話題がぐっと変わるのですが、最近ポッキーのCMでとてもかっこいい男優さんを発見しました。ネットで調べたところ、三代目J SOUL BROTHERSの小林直己さんという方でした。ごつい体躯にかみそりのような凶暴な目が印象的です。以前からいいなと思っていた岸谷五朗さんにも似ています。岸谷さんもあの目がいいです。自分もあんな風になりたいと思いますが、そのためにはあと30キロ位痩せなくてはいけませんね。

ハードロック界でかっこいいと思う人は数多くいますが、見た目ではVENOMのCRONOSです。名前通り極悪な顔です。やはりかみそりのような目がたまりません。特に1stアルバムの裏ジャケの写真が悪いです。ついでに言えば音もすごく悪いです。でも曲は革命的と言えるほど素晴らしく、この『WELCOME TO HELL』というアルバムはおすすめです。凶暴さを出すためにあえて劣悪な音で表現したのかもしれません。METALLICAの1st、MEGADETHの1st、ANTHRAXの1stに並ぶメタルの金字塔です。

極悪なCRONOSはバイトに遅刻しても青ざめたりしません。そもそもバイトしないか。でも自分のうちにCRONOSみたいな人が配達に来たら嬉しいな。

●おまけのマイベストテープ~「HELL」のつく名曲
A1.Welcome To Hell / VENOM
A2.Highway To Hell / AC/DC
A3.Heaven And Hell / BLACK SABBATH
A4.Hell Bent For Leather / JUDAS PRIEST
A5.Hotter Than Hell / KISS
B1.Hell-Cat / SCORPIONS
B2.Hell Raiser / SWEET
B3.Run Like Hell / PINK FLOYD
B4.Run Like Hell / TANK
B5.Burn In Hell / TWISTED SISTER

最終更新:10/2(日) 11:45

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]