ここから本文です

【NBA】C.アンソニーが新生ニックスに期待「ここまで楽しみなのは久しぶり」

ISM 9/28(水) 14:01配信

 今年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪で米国の金メダル獲得に貢献したニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーが、新たなシーズンを迎えるにあたり、近年で一番粒ぞろいのチームだと自信を示していることが分かった。

 アンソニーは現地27日、トレーニングキャンプ初日の練習後に取材に応じ、「何かを成し遂げるための準備が、ここまで楽しみなのはずいぶんと久しぶりだ」と語ったという。

 ニックスは、2013-14シーズンに惜しくもプレーオフを逃し、アンソニーは2003年のNBAデビューから続いていたポストシーズン連続出場がストップ。以来、ニックスは低迷し続けており、2014-15シーズンは17勝65敗、昨季は32勝50敗と、3年連続でプレーオフから遠ざかっている。

 しかし、ニックスはこのオフに大型補強を敢行し、前シカゴ・ブルズのデリック・ローズをはじめ、ジョアキム・ノア、コートニー・リー、ブランドン・ジェニングスなどの実力派選手を次々に獲得。さらに、2年目のクリスタプス・ポルジンギスのさらなる飛躍が期待されており、アンソニー以外のオフェンスの選択肢が一気に増えた。

 アンソニーは、五輪の疲れもない様子で、コンディションはここ数年で一番いいとコメント。「自分たちが、どのくらい良い結果を出せるかは分からない。上限は設定したくないが、自分たちの運命は自分たちでコントロールしたい」と、“新生ニックス”への期待をのぞかせた。(STATS-AP)

最終更新:9/28(水) 14:01

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]