ここから本文です

【NBA】来オフFAのS.カリー、ウォリアーズとの再契約は“イエス”

ISM 9/28(水) 15:13配信

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが、今シーズン終了後にチームと再契約を結ぶことに自信を示していることが分かった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが現地27日に報じた。

 来オフ、キャリア初の完全フリーエージェント(FA)になるカリー。同サイトによると、ウォリアーズとの再契約は問題ないと思うかとの質問に対し、イエスと繰り返し答えたという。

 また、このオフにオクラホマシティ・サンダーからウォリアーズに移籍したケビン・デュラントに契約についてのアドバイスを求めるつもりかと問われると、その可能性はあるとしながらも、去就の問題で集中を乱されたくないとコメント。さらに、今のチームでプレーすることが好きだと明言したとのこと。

 シーズンMVP2回受賞を誇るカリーの今季の年俸は、デュラント、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンに続いてチーム4位の1,200万ドル(約12億1,000万円)。しかし、サラリーキャップの設定額によるものの、新たに契約を結びなおした場合は、1シーズン当たり3,000万ドル(約30億2,000万円)を超える可能性もあると、『ESPN』は伝えている。

最終更新:9/28(水) 15:13

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]