ここから本文です

山里亮太&YOUの人形トーク番組レギュラー化 NHK会長を挑発

オリコン 9/28(水) 14:03配信

 お笑い芸人の山里亮太とタレントのYOUが28日、東京・渋谷のNHKで秋からレギュラー化されるEテレの人形トーク番組『ねほりんぱほりん』(10月5日スタート、毎週水曜 後11:00)の発表記者会見に出席した。

【写真】もぐらのぬいぐるみ「ねほりん」と「ぱほりん」も登場

 画面に映るのはすべて人形。聞き手の山里とYOUはもぐらのぬいぐるみの「ねほりん」と「ぱほりん」、顔出しNGの訳ありゲストはブタやカエルの人形として登場し、「そんなこと聞いちゃっていいの?」という話しを“ねほりはほり”聴き出す番組。これまでに、「没落した社長」や「プロ彼女(※有名人専門におつきあいする女性)」、「芸能スクープ記者・カメラマン」をゲストに迎え、赤裸々すぎる内容が一部で話題になった。

 満を持してレギュラー化されるにあたり、山里は「ひとの顔色をうかがわないで話しができる。ブレーキをかけずに、本当だったら聞けないようなことを聞けちゃうところ」を見どころに挙げ、今後、ゲストに呼びたい人として「NHKの会長さん。いろいろなことをしゃべっている人っぽいですよ。いろいろ聞きたい。NHKは面白い番組ほどすぐなくなってしまうのはなんでなんですか?って。僕、受信料払っていますから」と、籾井勝人会長を挑発。

 YOUは事前の打ち合わせもなく、離れたアナウンスブースから勝手気ままに話す声に合わせて、巧みに人形を操っている操演者の技術に感心しきりで、「こんな楽しくできる仕事はない。勝手にしゃべっているのに目の動きや手の動きがぴったり合っていて、めっちゃ感動している。ほかの仕事もぱほりんとやっていきたい」と言い出すほど。

 演出として人形を使うことでドギツイ話しも優しく聞こえたり、人形なのに生の人間が話しているようなリアリティーを感じたりするのも同番組のウリだが、それも『ひょっこりひょうたん島』や『プリンプリン物語』をはじめとする数々の子ども番組で長年培ってきた人形劇の職人技あってのもの。山里も「こんな無駄遣いない!」と声を張り上げた。

 作り込んだ人形劇と、山里&YOUが繰り出す予測不能で下世話な質問からのギリギリトークで、「人間の面白さ、人生の面白さを少しでも見せられたら」と番組を担当する大古滋久チーフプロデューサーは話していた。

 レギュラー化して最初のゲストに「偽装キラキラ女子」(10月5日)、その後、元国会議員秘書(同12日)、元薬物中毒者(同19日)、2次元しか本気で愛せない女たち(同26日)を予定している。

最終更新:9/28(水) 14:33

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]