ここから本文です

宮澤佐江、アルスマグナと2.5次元コラボ「気分上々↑↑」

オリコン 9/29(木) 7:00配信

 元AKB48の宮澤佐江が、2.5次元コスプレダンスユニット・アルスマグナの7thシングル「気分上々↑↑feat.SAE TOKIMIYA」(11月2日発売)に参加することが28日、わかった。宮澤は2.5次元キャラ“朱鷺宮佐江”(トキミヤ サエ)に扮し、mihimaru GTのヒット曲をカバーする。

【画像】宮澤扮する“朱鷺宮佐江”は短編マンガでも登場

 宮澤扮する朱鷺宮佐江は、アルスマグナが通う私立九瓏ノ主(クロノス)学園の3年生で、女子生徒憧れの的の女子バスケットボール部部長。ミュージックビデオやジャケット写真に実写(3次元)で登場するほか、初回限定盤Bの付属ブックレットでは短編マンガ(2次元)の朱鷺宮佐江として描かれ、“異次元コラボ”が展開される。

 宮澤は「以前、歌番組でアルスマグナさんを見たことがあって『なんだこれは‼』と目が留まったことがあったので、今回コラボできることに私は運命を感じています‼ この春アイドルを卒業したばかりなので、もう一生レコーディングすることもMV撮影をすることもないと思っていたのですが、アルスさんのおかげでどちらもまたできてうれしかった」と大喜び。「男性の中で1人女性が混ざって踊るっていう憧れがかなって本当に私も気合が入っています!」と言葉に力を込める。

 アルスマグナの神生アキラは、初のカバーシングルについて「アルス仕様のゴリゴリのダンスミュージックに生まれ変わりました」と説明。「アルスと佐江先輩のキレッキレのダンスに注目してもらって、サビは一緒になって楽しんでもらえたら。この曲で皆さんが笑顔でハッピーになってくれたらうれしいです!」と呼びかけている。

最終更新:9/29(木) 7:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]