ここから本文です

「身体のデザイン」はファッションなのか? 「バイオ」と「ファブ」のクリエイターが見据える、ファッションの未来

SENSORS 9/28(水) 15:00配信

テクノロジーの進化によって姿を変えるファッションの未来を体感するイベント 『SENSORS SHIBUYA FASHIONCODE WEEK』。8月19日のセッション「ファッション x バイオ 拡大するFABとバイオがもたらすファッションの未来。」は、ロフトワークが主催する「YouFab Global Creative Awards 2016」とのコラボで行われた。バイオテキスタイル、ゲノム編集、3Dプリンタといったキーワードからファッションの変化を探っていく。

キャリアに迷ったら「自分のハートに聞く」テクニカルアーティスト伊藤大地

■拡大するFabがキーワードに

3Dプリンタやレーザーカッターに代表されるデジタルファブリケーションと、ゲノム編集などのバイオ領域における新しいテクノロジーは、ファッションのあり方をどう変えるのだろうか。

本セッションを企画した「YouFab」は、FabCafeが主催するデジタルファブリケーションのアワード。3回目の開催となる「YouFab Global Creative Awards 2016」では、拡大するFabをテーマに。今までのようにプロダクトやアートの枠にはまらないFabが、バイオとつながっていくと考察している。本セッションは「YouFab Global Creative Awards」委員長の福田敏也氏がモデレーターをつとめた。

メディアアーティスト、カイコ研究者、そしてファッション紙の記者......当日のセッションに登壇した、バイオやデジタルファブリケーション領域の4人のキーパーソンを紹介する。

■ファッション領域における2つのイノベーションとは?

最初に紹介するのは、『WWDジャパン』記者の横山泰明氏。2014年にWWD JAPANでは特集『2020年 1億総ファッションデザイナー』を組み、3Dプリンタなどのデジタルファブリケーションによって変わるファッションの未来を予測した。横山氏は2014年の段階では「パーソナルファブリケーションは大きな話題でしたが、誰もがファッションデザイナーになる時代はまだ来ないだろうなと考えていたそう。しかし、ファッションの領域で2つのイノベーション――「プロセス・イノベーション」と「マテリアル・イノベーション」が起きているそうだ。

ファッションにおける生産プロセスにまず注目したい。洋服の品種やパーツの多さゆえに、従来は手作業でつくってきたものが、島精機の編み機の開発で1プロセスでつくれるようになった。今後は、3Dプリンタがその製造プロセスを大きく変えていくという。横山氏は2017年に操業予定のadidas「ロボット工場」の事例を紹介。adidasが現在アジアで手作業で行っている靴の生産を、ドイツ国内の本社に近い場所に建設した工場で行うといったものだ。
同取り組みを「スピードファクトリー」と呼ぶ。これが洋服の生産における「プロセス・イノベーション」の変遷だ。

「マテリアル・イノベーション」の領域で大きな変化をもたらしているのは、世界初の人口クモ糸繊維を開発したSpiberだ。これまで服の素材としてメジャーだったのはコットンやポリエステルであったが、Spiberはタンパク質を原料にしてポリエステルのような糸をつくることの成功。横山氏によれば、1953年にポリエステルの工業利用が始まり、Spiberが人工クモ糸「QMONOS」の量産化に着したのが2013年。マテリアルの領域では約50年ぶりのイノベーションだという。Spiberは工場生産をベースとしているが、もう少し身近なカイコの量産からも新しい動きが登場している。

1/5ページ

最終更新:9/30(金) 16:10

SENSORS