ここから本文です

自動車用鋼材需要、下期増鮮明に。トヨタの国内完成車生産、10~12月は計画水準維持、1~3月上積み

鉄鋼新聞 9/28(水) 6:00配信

 日中経済協会の中国・湖北省訪中団が今週、新日鉄住金の中国合弁ブリキメーカー「武鋼新日鉄鍍錫板有限公司(WINスチール)」(湖北省武漢市)を訪問、最新鋭の冷延ラインや鍍金ラインを見学した。団長を務めた日産自動車の志賀俊之副会長=写真=は「工場がとてもきれいで、製品をしっかり造り込んでいる印象。食の安全・安心に力を入れていることがよく分かりました」と感心しきり。

 ブリキの品質の高さにも感銘を受けた様子で、冗談と前置きしながら、「(飲料缶や食缶に)新日鉄住金製のブリキと分かる刻印が押されていれば安心感はさらに高まるはず」とニコリ。
 話は自動車に及び、「鋼材は自動車の『安全・安心』や『低燃費』にも貢献できる素材。中国でも今後、燃費規制が強化されるので、超ハイテンに強い新日鉄住金さんはとても心強い。これからも頑張ってほしい」とエールを送っていた。(湖北省発=高田潤)

最終更新:9/28(水) 6:00

鉄鋼新聞