ここから本文です

トヨタ 新型SUVの「C-HR」日本仕様初公開、11月下旬からWebで先行商談受付を開始

オートックワン 9/28(水) 15:33配信

トヨタは、新型「C-HR」の日本仕様の概要を9月28日に初公開した。また、11月上旬からWebで先行商談受付を開始し、2016年年末に発売する。

トヨタ 新型SUV「C-HR」の日本仕様等を写真でチェック

C-HRは、2014年パリモーターショーでのコンセプトカー初出展以来、2015年開催の第66回フランクフルト国際モーターショーなど、欧州を中心に披露。日本では、第44回東京モーターショー2015での出展から約1年を経て、今回市販モデルの日本仕様が初公開された。

デザインのコンセプトは、「センシュアル スピード-クロス」。

スピード感あふれるボディ、SUVのたくましい足回りを表現したほか、質感・形状・色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求した。

走りのコンセプトは、「我が意の走り」。

TNGAの取り組みのさらなる進化により、低重心パッケージや高いボディ剛性を実現し、優れた操縦安定性・快適な乗り心地を達成。さらに、欧州をはじめとする世界の様々な道や国内外のサーキットコースで走行テストを重ねるなど、走りを徹底的に鍛え上げている。

なお、発売に先駆けて、11月26日(土)に富士スピードウェイで先行試乗会を予定している。

C-HRのポイント

【成長著しい国内のコンパクトSUV市場にC-HRを投入し、より幅広いユーザーの需要喚起へ】

・コンパクトSUV市場規模はここ4~5年間で約2倍と拡大傾向。他市場に比べ内外装デザインを重視するユーザーが多く存在する中、C-HRは個性あふれるデザインはもちろん、意のままの走りやクラストップレベルの燃費も追求し、コンパクトSUV市場を牽引していく

・20代から30代の若年層を含めた情報感度が高いコンパクトSUV層を中心に、たくましい足回りとスピード感あふれるボディを表現することにより、SUVでありながらクーペのような「新ジャンル感」を訴求

【選びやすいシンプルなグレード体系】

・より装備を充実した「G」・「G-T」、標準グレード「S」・「S-T」を設定

【衝突回避支援パッケージ Toyota Safety Sense Pをはじめとした充実の先進装備】

・歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロール、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備

・ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラート、クリアランスソナー&バックソナーなど先進安全装備を充実し、安全な運転を支援

最終更新:9/28(水) 19:36

オートックワン