ここから本文です

【貧困女子高生】政治家はどう考える? 高校生が質問してみた→片山さつき議員の回答は

BuzzFeed Japan 9/28(水) 5:00配信

8月、NHKがニュース番組で紹介した「貧困女子高生」へのバッシングがネット上に広がった。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

経済的な事情によって希望の進路を諦めるなど、さまざまな「壁」に直面している女子高生が紹介されたこの番組。

放送後、生徒の私生活が「貧困には見えない」という理由から、炎上した。自民党の片山さつき・参議院議員も疑問を呈し、事態はさらに拡大した。

「国会議員は本当に貧困問題について考えているのだろうか」

一連の経緯を見てそんな問題意識を持った高校生が、9月、片山議員らに公開質問状を送付した。

BuzzFeed Newsは、その回答を紹介する。

まず、この問題を振り返る。

NHKがニュース7(8月18日放送)で取り上げたのは、母親と二人暮らしをする、神奈川県内の女子高生。家計が苦しいためにパソコンを購入することができなかったり、進学も諦めざるを得なかったりする「経済的な壁」を紹介した。

しかし、その室内にアニメグッズやイラスト用のペン、エアコンのようなものが映り込んでいたことから、ネット上で「貧しくない」「捏造だ」などという意見が勢いを増す。

生徒のものとみられるツイッターアカウントが見つかると、「アーティストのライブに行っている」「1千円以上のランチを食べている」と、私生活の一挙手一投足がバッシングの対象となり、自宅の写真まで流出した。

この炎上騒動に加わったのが、自民党の片山さつき参院議員だ。番組放送後、ネット上で批判が拡散すると、騒動をまとめた「痛いニュース」の内容を含むツイートを、こう引用した。

”拝見した限り自宅の暮らし向きはつましい御様子ではありましたが、チケットやグッズ、ランチ節約すれば中古のパソコンは十分買えるでしょうからあれっと思い方も当然いらっしゃるでしょう。経済的理由で進学できないなら奨学金等各種政策で支援可能!”

片山議員はこの後、NHKに取材の意図を問い合わせ、回答を掲載。これらのツイートは炎上を助長したとの批判も受けた。

1/4ページ

最終更新:9/28(水) 5:00

BuzzFeed Japan