ここから本文です

映画「細菌列島」「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」などの製作や配給に携わった、(株)ジョリー・ロジャーが破産

東京商工リサーチ 9/28(水) 18:52配信

 (株)ジョリー・ロジャー(TSR企業コード:297117416、法人番号:4011001052364、千代田区神田佐久間町3-38、設立平成19年5月、資本金2000万円、大橋孝史社長)は9月27日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には太田大三弁護士(丸の内総合法律事務所、千代田区丸の内2-2-1、電話03-3212-2541)が選任された。
 負債は現在調査中。
 平成19年、映画プロデューサーとして著名な大橋孝史氏が映画・ビデオ製作を目的に設立。映画「細菌列島」(21年4月公開)や「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」(21年4月公開)のほか、最近ではアニメ、ホラー、PV(プロモーションビデオ)などの製作や配給にも携わり、22年12月期には売上高約5億円をあげていた。しかし22年4月、関連の(株)トルネード・フィルム(TSR企業コード:296259152、渋谷区)が破産し、同社に対し416万円の焦付が発生。さらに22年11月、(株)エースデュース(TSR企業コード:296259195、渋谷区)の破産で2339万円の焦付が発生。以降は業績不振が続き、26年12月期の売上高は約1億9000万円にまで減少。取引先への支払遅延が発生し、28年7月9日に債権者より破産を申し立てられていた。

東京商工リサーチ

最終更新:9/28(水) 19:32

東京商工リサーチ