ここから本文です

全鉄連、建設関連の需要回復 10―12月期 経産省ヒア 市況は見通し難

日刊産業新聞 9/28(水) 12:01配信

 全国鉄鋼販売業連合会(会長=阪上正章・清和鋼業社長)は27日、経済産業省ヒアリングを行い、2016年度第3四半期(10―12月期)の需要見通しを報告した。遅延していた建設関連需要が出始め、ある程度の荷動きは見込めるとし、基調回復を予測。需要の増加に伴って在庫も減少傾向に移行すると市場環境も改善してくるとみている。ただ、市況に関してはメーカーの上げ姿勢に対して、市中が追随できるか不透明感があり、精彩を欠く動きに終始しそうだとし、回復軌道に乗せ切らない可能性も示唆した。

最終更新:9/28(水) 12:01

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。