ここから本文です

セリーナ 2017年はオークランド大会からスタート<女子テニス>

tennis365.net 9/28(水) 13:59配信

ASBクラシック

女子テニスで世界ランク2位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が、2017年はASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、WTAインターナショナル)からシーズンをスタートさせると大会主催者が27日に発表した。

【大坂なおみ セリーナ抜き1位】

22度の四大大会優勝を誇るセリーナは、同じ時期にオーストラリアのパースで行われるエキシビション大会のホップマン・カップに、これまで何度か出場しており、そしてシーズン最初の四大大会である全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)へ臨んでいた。しかし、今年はホップマン・カップへの出場を見送ると公にした。

全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)直後にA・ケルバー(ドイツ)に世界ランク1位の座を明け渡すまで、セリーナは女王の座に186週間も君臨していた。

セリーナの実の姉であるV・ウィリアムズ(アメリカ)は、これまで3年連続でASBクラシックからシーズンをスタートしており、2015年は優勝を飾っていた。

「この大会はメルボルンでの全豪オープンへ向けて最高のスタートになる」とセリーナは声明で意気込みを伝えた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:9/28(水) 13:59

tennis365.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革