ここから本文です

高橋みなみ「(映画「SCOOP!」の)福山雅治演じるカメラマンならスクープ撮られたい!」

TOKYO FM+ 9/28(水) 11:40配信

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組の9月27日(火)の生放送では、映画監督の大根仁さんをゲストに迎え、10月1日(土)に公開される最新作「SCOOP!」を題材に、「演出のコダワリ」について教わりました。

公開に先立ち「SCOOP!」を観たというたかみな。「めちゃめちゃ面白いです。私もスクープされる側の立場なので、代官山などで、“あの車はそうだ!(スクープを狙う写真誌の車だ)”と思ったりするんですけど、そういうことがとってもリアルに描かれていて……!」と興奮の様子。また、主演の福山雅治さんについても「今までに見たことが無い福山さんでした。あの柄シャツがあんなに似合うなんて!」とカメラマンになりきった姿を大絶賛。「こんなカメラマンになら撮られたい!」というコメントまで飛び出しました。

企画が立ち上がった段階で、“福山さんを、(役の上で)どれくらいよごせるか、どのくらいハマるか”が、不安だったという大根さん。脚本を書くよりも先にスタイリストとヘアメイクにイメージを伝えて、衣装合わせとメイクを施し、まずは、福山さんの“よごれ度チェック”をしたとのこと。すると、想像以上に“薄よごれた中年”になったため「これなら大丈夫」と安堵したそうです。
また、撮影期間中の福山さんは、撮影現場にも衣装の革ジャンを着て現れ、その日の撮影が終わったらそのまま着て帰る日々を過ごし、革ジャンはじめ、衣装を自身の体になじませ、役柄とともに、“自分のもの”にしていった、と撮影ウラ話も教えてくれました。

「自分が興味のある役者しかキャスティングしない」というコダワリを持つ大根さん。映画監督は、“撮る俳優たちを好きにならなければいけない仕事”だとも語り、「モテキ」など今までの大根監督作品では、女優に対して「大好き」という思いを持って挑んでいたそうですが、今回は、男性である福山さんを「“女優として”エロくカッコよく」撮影した、と打ち明けてくれました。

「福山君は大スターでしょ? こんなにずっと人気がある人も珍しいじゃない。その魅力はどこなのかな、というところと、まだお芝居では出ていない魅力をなんとか引き出そう」と撮影に臨んだそうです。

「ちなみに私は女優としてどうですか?」と、たかみなが思い切った質問をしてみると、大根さんは「女優としては興味ない!」とバッサリ。大笑いのたかみなでしたが、「タレントとしては興味がある。女優の方向ではない。バラエティの方向か、ラジオか、政治家がいけると思う」との言葉に「政治家って秋元(康)先生にも言われたことがある。恐いわ~」と思いがけない評価に驚いていました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2016年9月27日放送より)

最終更新:9/28(水) 11:40

TOKYO FM+

なぜ今? 首相主導の働き方改革