ここから本文です

性別適合手術受けたKABA.ちゃん、グラビアに挑む!? 女性ならではの仕事に意欲

トレンドニュース(GYAO) 9/28(水) 18:19配信

性別適合手術を受けて戸籍も女性に変更したタレントのKABA.ちゃんが、今後は女性ならではの仕事もしていきたいとして、グラビアに意欲を示した。

井戸田、術後のKABA.ちゃんに違和感>>

オネエタレントとして人気を集めたKABA.ちゃんだが、今年に入り性別適合手術と声帯手術を受けて、8月に戸籍を女性に変更。本名も「椛島永次(えいじ)」から「椛島一華(いちか)」に変わった。9月28日放送のフジテレビ系「バイキング」で、戸籍変更後初のバラエティー出演を果たした。

MCを務めるお笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼に「これで戸籍も含めてKABA.ちゃんは完全に女性になったってこと?」と聞かれて、KABA.ちゃんは「そうなっちゃう」と照れくさそうに答えた。

KABA.ちゃんは今後の芸能活動について「基本プライベートは女性として生きていきたいんですけど、仕事上は今まで通りプラス、女性の部分でできなかったことをやっていきたいなとちょっと考えている」と語り、女性ならではの仕事に興味を持っていることを明かす。「グラビアとか」と冗談めかして水着姿披露への意欲を示した。

俳優の梅沢富美男は「俺も『グラビア行きなさい』と言おうと思ったんだ。写真集も作りなさいよ。俺、買うから」と太鼓判を押す。矢作に「女性ならではの仕事って、女優で演技とかも?」と尋ねられると、KABA.ちゃんは「ちょこちょこは(演技の)お仕事をいただいていたんですけど、女性としての役じゃなくてオネエとしての役だったんで、女性役もやらせてもらいたい」と語った。またバラエティーに関しては、女性になったからといって周囲は接し方を変えなくてもいいと強調した。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:9/28(水) 18:19

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]