ここから本文です

清水翔太、地元・大阪でツアー最終 青山テルマ&SALUも駆け付けた

MusicVoice 9/28(水) 19:05配信

 清水翔太の全17公演のツアー『清水翔太 LIVE TOUR 2016 “PROUD”』が26日、大阪城ホール公演をもって幕を閉じた。3月にリリースしたアルバム『PROUD』を携えたこのツアーは5月にスタートし、各地で熱気を帯びたファンが集まり満員になった。清水は力強く、甘く、時に切ない歌声を集まった観客に届けていった。様々な演出に加え、青山テルマとSALUがゲスト出演するなど千楽ならではのサプライズもあり、誰しもがこの夜に酔いしれた。自身も「今回攻めたアルバムになってて、皆がどう感じてくれるか不安で。でも全国まわってきて、ちゃんと届いているんだ、と感じて。でも皆のお陰で、良い曲たくさん出せそうなんだ」と手応えを語った。

【写真】ライブの模様

■「忘れられない1日にしようね!」

 世界観あるオープニング映像が流れると大歓声が沸き、映像に登場した「10」のカウントダウンを、会場に訪れたファンが一緒に叫ぶ。流れ終えて暗幕が解かれると、バンドメンバー5人、コーラス3人、ダンサー4人、そして清水の計13人がステージに姿を現し、アルバムのタイトル曲「PROUD」を披露。

 続けて「Good Conversation」をパフォーマンスし、タイトル通りファンと音楽を通した会話を楽しむ。「Gamble」では椅子を使ったダンスパフォーマンスで観客を魅了していく。

 ここで初めてMCでファンに清水が投げかける。「今日は最高の、忘れられない1日にしようね! ライブは皆で作るものだからね。準備出来てると思うけど、楽しむ準備は出来てますか!!?」と今回のツアーに対する思いを伝えた。

 4曲目にして早くも「君が好き」が投下される。イントロが流れると同時に大歓声の渦に包まれた。サビの“君が好き 一番大切な人”の歌唱シーンでは、客席の1人の女性と目を合わせて歌い上げるパフォーマンスで熱気に油を注ぐ。その後は「Feel Good」、「thinking bout you」を続けて披露し、ステージを去った。

 そして、バンドメンバーによる演奏をバックに、ダンサーの4人が身体全体を使って音楽を表現。

■豪華なサプライズゲスト

 衣装を変え、再び清水がステージに登場すると「ANIMAL」を披露。間奏では、今回のツアーを一緒に回っているメンバーの紹介するシーンも。

 「MONEY」では、5月18日のZEPP TOKYO、9月8日・9日の日本武道館、9月26日の大阪城ホール公演のみスペシャルゲストも登場。「紹介します! 青山テルマ! SALU!」という清水の呼びかけと共に現れたのはなんと青山テルマとSALU。3人でのステージに歌声と歓声が会場に響き渡った。

 MCを挟み、清水とギターの2人がステージ中央でハイスツールに腰を掛ける。大阪城ホール公演では、ギターの音が出ないというトラブルも起こったが、ライブならではの出来事にファンは温かい拍手が。

 準備が整ってから「N.E.E.D」を歌い上げて、「今日の姫を見つけました! 今から迎えに行くね」と来場した女性ファンの中から1人をステージ上へ招待した。「今日は君のために歌うね」と「花束のかわりにメロディーを」を向き合いながら歌う大胆なサービス。バラードやラブソングを得意とする清水ならではの演出で会場を沸かせていた。

 「Damage」のカップリング曲「sonomama」は、音源のリズムサウンドからライブ用のバンドサウンドにアレンジが変えられていた。その上で、清水とダンサー4人によるダンスパフォーマンス。観客の視線を奪う。ダンスでの決めでは、大歓声が巻き起こっていた。

 ライブ終盤では「サプライズがあります! 10月5日にニューシングルを発売します!」と明かしてから、大切な人に贈るラブソング「My Boo」を披露。「今回は男性の気持ちの目線で書いた曲なんです。だからこの曲は歌詞やメッセージを伝えたくて」とスクリーンには初公開となるミュージックビデオと共にシャイな男性が、女性に伝える歌詞が映し出されると、観客は清水翔太の歌声と詞の世界観に酔いしれた。

■「全国まわってきて、ちゃんと届いているんだ」

 本編の最後は「Damage」。終了後「今日は本当にどうもありがとうございました!」とステージを後にした。

 ファンたちによるアンコールコーラスに誘われる様にして、ツアーTシャツを身に着けた清水が再度登場。「Get Back」、「マダオワラナイ」とまだまだ盛り上げていくようなパフォーマンスを見せる。会場は再び歓声の渦に包まれた。

 ファイナルの大阪城ホール公演では特別に「やっぱここは地元だし、これやらなきゃね。でもリハーサルでもやってないけど、バンド、出来る?」とサプライズで「HOME」を歌った清水。興奮するファンたちからの大合唱も起きた。

 「今の自分が、来てくれた皆に一番伝えたいメッセージが次の曲に込められてるんだ。今回攻めたアルバムになっていて、皆がどう感じてくれるか不安で。でも全国まわってきて、ちゃんと届いているんだ、と感じて。でも皆のお陰で、良い曲たくさん出せそうなんだ」と今ツアー、そして今までの活動に対しての思いなどをファンに伝えた。

 最後はアルバム「PROUD」から「キミノセカイヘ」と繋ぎ、この夜の幕を閉じた。

■セットリスト

清水翔太LIVE TOUR 2016 “PROUD”

01.PROUD
02.Good Conversation
03.Gamble
04.君が好き
05.Feel Good
06.thinking bout you
07.ANIMAL
08.Drunk
09.MONEY feat.青山テルマ,SALU
10.N.E.E.D
11.花束のかわりにメロディーを
12.lovesong
13.BYE×BYE
14.sonomama
15.My Boo  ※9月8日&9日本武道館公演、9月26日 大阪城ホール公演のみ
16.Damage

EN1.Get Back
EN2.マダオワラナイ
EN3.キミノセカイへ

最終更新:9/28(水) 19:05

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]